プリジスタ ヤンセン (ダルナビルエタノール付加物) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

ぷりじすた
プリジスタ [処方薬]








【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
その他の薬/抗ウイルス薬
【解説タイトル/一般名】
エイズ治療薬(2) / ダルナビルエタノール付加物
【剤形/保険薬価】
錠剤 / 600mg 1錠 885.00円
【メーカー】
ヤンセン
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
エイズ治療薬
【規制】
劇薬
【使用量と回数】
(他のエイズ治療薬と併用しながら)プリジスタの場合:1回600mgをリトナビル100mgと併用服用,1日2回。プリジスタナイーブの場合:1回800mgをリトナビル100mgと併用服用,1日1回。
【識別コード】
300mg 包装コード: 本体コード:TMC 114:300 MG
600mg 包装コード: 本体コード:TMC:600 MG
【その他】
保険収載年:2007/11
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

プリジスタの処方目的

[インジナビル硫酸塩エタノール付加物の適応症]後天性免疫不全症候群(エイズ),治療前のCD4リンパ球数500/mm3以下の症候性・無症候性HIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染症
[その他の薬剤の適応症]HIV感染症(HIV-1感染症)
9ページTOPへ▲

プリジスタの解説

逆転写酵素阻害薬(エイズ治療薬(1))とは違い,HIVプロテアーゼという酵素の活性を阻害することで,HIVウイルスの産生を阻止します。これらの薬剤は,ロピナビル・リトナビル配合剤を除いて「必ず他の抗HIV薬と併用」して使用します。
9ページTOPへ▲

プリジスタの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
(1)処方医の指示を厳守……使い方が特別なので,処方医の指示どおりに服用し,服用中は血液検査を定期的に受けてください。また,服用している薬はすべて記録しておいて,それにもとづいて処方医とのコミュニケーションをとってください。

<重大な副作用>


<その他の副作用>


<併用してはいけない薬>


<注意して併用すべき薬>
9ページTOPへ▲

プリジスタの海外評価

5.5点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

プリジスタのプレグナンシー・カテゴリー

PC B プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲