イソプリノシン 持田 (イノシンプラノベクス) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

いそぷりのしん
イソプリノシン [処方薬]








【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
その他の薬/その他の薬
【解説タイトル/一般名】
イノシンプラノベクス / イノシンプラノベクス
【剤形/保険薬価】
錠剤 / 400mg 1錠 205.00円
【メーカー】
持田
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
亜急性硬化性全脳炎(SSPE)治療薬
【規制】
【使用量と回数】
1日50~100mg/kg(体重)を3~4回に分けて服用。
【識別コード】
400mg 包装コード:MO 604 本体コード:MO 604
【その他】
保険収載年:1988/8
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

イソプリノシンの処方目的

亜急性硬化性全脳炎患者における生存期間の延長
9ページTOPへ▲

イソプリノシンの解説

亜急性硬化性全脳炎(SSPE)は,ウイルスの感染によっておこる脳の炎症です。進行性の非常に重い病気で,国の難病に認定されています。
本剤は,Tリンパ球に作用して抗体の産生を増強して感染防御能を高めるとともに,高濃度ではSSPEウイルスの増殖を直接抑制します。
9ページTOPへ▲

イソプリノシンの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
(1)慎重に服用すべき場合……痛風,尿酸値が上昇している人/尿路結石,腎結石/重い腎機能障害
(2)定期検査……服用中は定期的に尿酸値の測定,腎機能の検査などが必要です。
(3)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)次回,受診した際に処方医に伝える副作用……発疹/吐きけ・嘔吐,胃痛,消化管出血
(2)検査などでわかる副作用……高尿酸血症,尿路結石/間質性肺炎/白血球減少,赤血球・血小板増加/AST・ALT・γ-GTP・AL-P・LDH上昇

<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
9ページTOPへ▲

イソプリノシンの海外評価

3.5点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

イソプリノシンのプレグナンシー・カテゴリー

プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲