パラプロスト配合カプセル 陽進堂 (L-グルタミン酸・L-アラニン・アミノ酢酸配合剤) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

ぱらぷろすとはいごうかぷせる
パラプロスト配合カプセル [処方薬]








【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
皮膚科・泌尿器科の薬/泌尿器科の薬
【解説タイトル/一般名】
パラプロスト / L-グルタミン酸・L-アラニン・アミノ酢酸配合剤
【剤形/保険薬価】
カプセル剤 /  1カプセル 8.70円
【メーカー】
陽進堂
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
排尿障害治療薬
【規制】
【使用量と回数】
1回2カプセルを1日3回。
【識別コード】
【その他】
保険収載年:1970/6
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

パラプロスト配合カプセルの処方目的

前立腺肥大に伴う排尿障害,残尿および残尿感,頻尿
9ページTOPへ▲

パラプロスト配合カプセルの解説

前立腺は,膀胱のすぐ下にあるスモモくらいの大きさの器官で,その中心を尿道が通っています。男性の精液の一部はここでつくられますが,中年以降の男性では,前立腺がゆっくりと大きくなり,膀胱や尿道を圧迫します。そのために,尿の出方が悪くなったり,排尿に時間がかかったり,尿意が頻繁になったり,尿がいつも残っているように感じたり(残尿感)します。
これを「前立腺肥大症」といいます。病状はゆっくり進行することが多く,内服薬で気長に治療することが多いのですが,全く尿が出なくなることもあり,その場合は手術をします。また,前立腺には悪性の腫瘍(前立腺がん)ができることもあります。
本剤は,配合されているアミノ酸の抗浮腫作用によって,前立腺肥大の腫れをとるといわれていますが,証明はされていません。
9ページTOPへ▲

パラプロスト配合カプセルの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
特に注意はありません。

<重大な副作用>
重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)次回,受診した際に処方医に伝える副作用……頭痛/胸やけ,胃部膨満感,胃痛,食欲不振,吐きけ

<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
9ページTOPへ▲

パラプロスト配合カプセルの海外評価

海外評価とは
9ページTOPへ▲

パラプロスト配合カプセルのプレグナンシー・カテゴリー

プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲