フスチゲン コーアイセイ (トラニラスト) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

ふすちげん
フスチゲン [処方薬]








【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
皮膚科・泌尿器科の薬/皮膚科の薬(アレルギー用薬を含む)
【解説タイトル/一般名】
トラニラスト / トラニラスト
【剤形/保険薬価】
カプセル剤 / 100mg 1カプセル 7.70円
【メーカー】
コーアイセイ
【先発/ジェネリック】
ジェネリックジェネリック医薬品
【分類】
ケミカルメディエーター遊離抑制薬
【規制】
【使用量と回数】
1回100mg(細粒剤は1g)を1日3回。小児の場合は,1日5mg(細粒剤は0.05g,ドライシロップは0.1g)/kg(体重)を3回に分けて服用。
【識別コード】
100mg 包装コード:IC-603 HSG:100mg 本体コード:IC-603 HSG
【その他】
保険収載年:1982/8
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

フスチゲンの処方目的

アレルギー性鼻炎アトピー性皮膚炎,ケロイド・肥厚性瘢痕(はんこん)/気管支ぜんそく
9ページTOPへ▲

フスチゲンの解説

各種炎症細胞からのケミカルメディエーター,サイトカイン(TGF-β1),活性酸素の産生あるいは遊離を抑制するといわれています。
皮膚科としては,ケロイド・肥厚性瘢痕の治療によく処方されます。また,抗ヒスタミン作用はないため,眠けの心配はありません。
9ページTOPへ▲

フスチゲンの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
*トラニラスト(リザベン)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/妊婦(特に約3カ月以内)または妊娠している可能性のある人
(2)慎重に服用すべき場合……肝機能・腎機能障害またはその前歴
(3)定期検査……服用によって,血液中の好酸球増多を伴う膀胱炎様症状や肝機能障害が現れることがあるので,定期的に血液検査(特に白血球数・末梢血液像)を受ける必要があります。
(4)服用目的……本剤は,気管支ぜんそくにも使われます。ただし,気管支拡張薬や全身性ステロイド薬などと異なり,すでにおこっている気管支ぜんそく発作を速やかに抑える薬ではありません。
(5)季節性アレルギー疾患……本剤を季節性アレルギー性疾患の人が服用するときは,発作の出やすい季節の直前から服用を開始し,その季節が終了するまで続ける必要があります。
(6)事前に伝達……本剤はアレルゲン皮内反応を抑制します。アレルゲン皮内反応検査を受ける人は,事前にその旨を医師に伝えてください。実施する3~5日前より服用が中止になります。
(7)その他……
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
(1)膀胱炎様症状(頻尿,排尿痛,血尿,残尿感など)。(2)黄疸,肝機能障害,肝炎。(3)腎機能障害。(4)白血球減少,血小板減少。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(発疹,かゆみ,じん麻疹,紅斑,湿疹,落屑(らくせつ))
(2)次回,受診した際に処方医に伝える副作用……食欲不振,吐きけ,嘔吐,腹痛,下痢,胃部不快感,消化不良,便秘/貧血/頭痛,眠け,不眠,めまい,倦怠感,しびれ感/脱毛,緑色尿,月経異常,動悸,むくみ,潮紅,発熱,口内炎
(3)検査などでわかる副作用……溶血性貧血,好酸球増多

<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
(1)本剤との併用または併用中止で作用に影響を受ける薬剤……ワルファリンカリウム(ワルファリンカリウム)→作用が増強また減弱し,トロンボテスト値が低下また上昇するとの報告があります。
9ページTOPへ▲

フスチゲンの海外評価

0.0点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

フスチゲンのプレグナンシー・カテゴリー

プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲