レボチロキシンNa サンド=富士製薬 (レボチロキシンナトリウム水和物) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

れぼちろきしんえぬえー
レボチロキシンNa [処方薬]








【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
内分泌疾患の薬/甲状腺の薬
【解説タイトル/一般名】
甲状腺製剤 / レボチロキシンナトリウム水和物
【剤形/保険薬価】
錠剤 / 25μg 1錠 9.60円
錠剤 / 50μg 1錠 9.60円
【メーカー】
サンド=富士製薬
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
甲状腺ホルモン
【規制】
劇薬
【使用量と回数】
1日1回25~400μg。乳幼児甲状腺機能低下症の場合は,処方医の指示通りに服用。
【識別コード】
25μg 包装コード:LV 25 25μg: 本体コード:LV 25
50μg 包装コード:LV 50 50μg: 本体コード:LV 50
25μg 包装コード:LV 25 25μg 本体コード:LV 25
50μg 包装コード:LV 50 50μg 本体コード:LV 50
【その他】
保険収載年:1950/9
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

レボチロキシンNaの処方目的

[チロナミン錠の適応症]粘液水腫,クレチン症,甲状腺機能低下症(原発性・下垂体性),甲状腺腫,慢性甲状腺炎
[チラーヂンS錠,レボチロキシンNa錠の適応症]粘液水腫,クレチン症,甲状腺機能低下症(原発性・下垂体性),甲状腺腫
[チラーヂンS散剤の適応症]乳幼児甲状腺機能低下症
9ページTOPへ▲

レボチロキシンNaの解説

甲状腺は首の喉頭前下部にあり,サイロキシンとトリヨードサイロニンという2種類のホルモンを分泌しています。甲状腺ホルモンの働きは,ブドウ糖の腸管からの吸収と肝臓でのグリコーゲンの分解を促して,血糖値を上昇させたり,タンパク質や脂質の分解を促進したりするもので,ひと口でいえば新陳代謝の促進です。
9ページTOPへ▲

レボチロキシンNaの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
*リオチロニンナトリウム(チロナミン)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……新鮮な心筋梗塞
(2)慎重に服用すべき場合……重い心臓・血管系障害(狭心症,陳旧性心筋梗塞,動脈硬化症,高血圧症など)/副腎皮質機能不全,脳下垂体機能不全/糖尿病/高齢者
(3)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
(1)ショック。(2)狭心症,うっ血性心不全。(3)肝機能障害,黄疸。(4)(副腎皮質機能不全,脳下垂体機能不全のある人の場合)副腎クリーゼ(全身倦怠感,血圧低下,尿量低下,呼吸困難など)。
[レボチロキシンナトリウム水和物のみ](5)(低出生体重児,早産児に)晩期循環不全(血圧低下,尿量低下など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(発疹など)
(2)すぐに処方医に連絡する副作用……以下の症状の場合には過剰投与のおそれがあります。心悸亢進,脈拍増加,不整脈/ふるえ,不眠,頭痛,めまい,発汗,神経過敏・興奮・不安感・躁うつ/食欲不振,嘔吐,下痢/筋肉痛,月経障害,体重減少,脱力感,皮膚の潮紅
(3)検査などでわかる副作用……肝機能検査値の異常

<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
(1)本剤との併用で作用が強まる薬剤……クマリン系抗凝血薬(ワルファリンカリウム(ワルファリンカリウム))/交感神経刺激剤(アドレナリン,ノルアドレナリン,エフェドリン塩酸塩・メチルエフェドリン含有製剤(エフェドリン塩酸塩ほか))→心臓病の人の冠不全のリスクを増大させます。
(2)本剤との併用で作用に変化が現れる薬剤……強心配糖体,血糖降下薬
(3)併用すると本剤の吸収を遅延させたり減少させたりする薬剤……コレスチラミン・コレスチミド(コレスチラミン),鉄剤(鉄補給剤),アルミニウム含有制酸剤(制酸剤),沈降炭酸カルシウム(制酸剤),炭酸ランタン水和物(高リン血症治療薬(1)),セベラマー塩酸塩(高リン血症治療薬(2)
(4)併用すると本剤の血中濃度を低下させる薬剤……フェニトイン(フェニトイン
9ページTOPへ▲

レボチロキシンNaの海外評価

5.5点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

レボチロキシンNaのプレグナンシー・カテゴリー

PC A プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲