ウテロン サンド (リトドリン塩酸塩) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

うてろん
ウテロン [処方薬]








【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
婦人科の薬/その他の婦人科の薬
【解説タイトル/一般名】
リトドリン塩酸塩 / リトドリン塩酸塩
【剤形/保険薬価】
錠剤 / 5mg 1錠 15.50円
【メーカー】
サンド
【先発/ジェネリック】
ジェネリックジェネリック医薬品
【分類】
交感神経β2受容体刺激薬
【規制】
【使用量と回数】
1回5mg(1錠)を1日3回。
【識別コード】
5mg 包装コード: 本体コード:R137
【その他】
保険収載年:1986/6
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

ウテロンの処方目的

切迫早産,切迫流産
9ページTOPへ▲

ウテロンの解説

交感神経β2(ベーターツー)受容体が刺激されると,気管支が拡張したり,子宮がゆるんだりします。リトドリン塩酸塩は特に後者の作用が強いので,切迫早産を防止するために用いられます。
9ページTOPへ▲

ウテロンの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
*リトドリン塩酸塩(ウテメリン)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……強度の子宮出血,子癇(しかん)(妊娠高血圧症候群によっておこるけいれん発作),前期破水のうち子宮内感染を合併している人,常位胎盤早期剥離の人,子宮内胎児死亡の人,妊娠の継続が危険と判断される人/重い甲状腺機能亢進症・高血圧症・心疾患・糖尿病・肺高血圧症/本剤の成分に対する重いアレルギーの前歴/妊娠16周未満の妊婦
(2)慎重に服用すべき場合……甲状腺機能亢進症/高血圧症/心疾患/糖尿病,糖尿病の家族歴,高血糖あるいは肥満などの糖尿病の危険因子のある人/肺高血圧症/本剤の成分に対するアレルギーの前歴/カリウム減少性利尿薬の服用中/筋緊張性(強直性)ジストロフィーなどの筋疾患またはその前歴
(3)胎児・新生児……服用によって胎児に頻脈や不整脈が,新生児に腸閉塞,頻脈,低血糖症がおこることがあります。状態に注意し,異常がみられたらすぐに処方医へ連絡してください。
(4)授乳回避……出産直前に本剤を服用した場合は,出産直後の授乳はしないでください。動物実験で,本剤成分の乳汁中への移行が報告されています。

<重大な副作用>
(1)新生児腸閉塞。(2)血清カリウム値の低下。(3)横紋筋(おうもんきん)融解症。(4)汎血球減少。(5)高血糖,糖尿病性ケトアシドーシス。(6)[本剤の注射薬で]肺水腫,心不全,無顆粒球症,白血球減少,血小板減少,ショック,不整脈,肝機能障害,黄疸,中毒性表皮壊死融解症(TEN),皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),胸水,母体の腸閉塞,胎児・新生児の心不全,新生児心室中隔壁の肥大,新生児低血糖。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)すぐに処方医に連絡する副作用……発疹,紅斑/動悸,頻脈,顔面潮紅/しびれ,ふるえ,ふらつき/吐きけ,腹痛
(2)検査などでわかる副作用……AST・ALT上昇/不整脈(心室性期外収縮など)/血小板減少

<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
(1)併用により相互に作用が強まることがある薬剤……β-刺激剤
(2)本剤との併用により作用が弱まることがある薬剤……β-遮断薬
9ページTOPへ▲

ウテロンの海外評価

4.0点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

ウテロンのプレグナンシー・カテゴリー

プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲