メテルギン ノバルティス (メチルエルゴメトリンマレイン酸塩) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

めてるぎん
メテルギン [処方薬]








【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
婦人科の薬/その他の婦人科の薬
【解説タイトル/一般名】
メチルエルゴメトリンマレイン酸塩 / メチルエルゴメトリンマレイン酸塩
【剤形/保険薬価】
錠剤 / 0.125mg 1錠 9.90円
【メーカー】
ノバルティス
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
子宮収縮止血薬
【規制】
劇薬
【使用量と回数】
1回0.125~0.25mg(1~2錠)を1日2~4回。
【識別コード】
0.125mg 包装コード:TU 本体コード:TU
【その他】
保険収載年:1955/1
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

メテルギンの処方目的

子宮収縮の促進,子宮出血の予防・治療のため次の場合に使用→胎盤娩出後,子宮復古不全,流産,人工妊娠中絶
9ページTOPへ▲

メテルギンの解説

バッカクアルカロイド(ジヒドロエルゴトキシンメシル酸塩)の一種で,選択的に妊娠時の子宮筋を収縮させます。
9ページTOPへ▲

メテルギンの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
*メチルエルゴメトリンマレイン酸塩(メテルギン)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……児頭娩出前/本剤の成分またはバッカクアルカロイドに対するアレルギーの前歴/重い虚血性心疾患またはその前歴/敗血症/5HT1B/1D受容体作動薬(スマトリプタンコハク酸塩,ゾルミトリプタン,エレトリプタン臭化水素酸塩,リザトリプタン安息香酸塩,ナラトリプタン塩酸塩),エルゴタミン,ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩,HIVプロテアーゼ阻害薬(リトナビル,インジナビル硫酸塩エタノール付加物,ネルフィナビルメシル酸塩,サキナビルメシル酸塩,アタザナビル硫酸塩,ホスアンプレナビルカルシウム水和物,ダルナビルエタノール付加物),エファビレンツ,アゾール系真菌治療薬(イトラコナゾール,ボリコナゾール),テラプレビル,コビシスタットの服用中/妊婦または妊娠している可能性のある人
(2)慎重に服用すべき場合……高血圧症,妊娠高血圧症候群,子癇(しかん)(意識喪失,けいれんなど)/心疾患/閉塞性血管障害/肝疾患/腎疾患
(3)グレープフルーツジュース……併用すると本剤の血中濃度を低下させて作用を弱めることがあるので,服用中はグレープフルーツジュースを避けてください。
(4)その他……
・授乳婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
(1)心筋梗塞,狭心症,冠動脈れん縮,房室ブロック。(2)アナフィラキシー(呼吸困難,血管浮腫,じん麻疹,かゆみなど)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(発疹)
(2)すぐに処方医に連絡する副作用……悪心・嘔吐,腹痛,下痢/胸痛,胸部圧迫感,頻脈,徐脈,動悸/末梢循環障害,血管けいれん/頭痛,眠け,めまい,口渇,耳鳴り,興奮,幻覚,けいれん,錯感覚/筋けいれん/胎盤嵌頓(かんとん),多汗
(3)検査などでわかる副作用……血圧上昇・低下/静脈血栓

<併用してはいけない薬>
(1)5HT1B/1D受容体作動薬(セロトニン1B/1D受容体作動型頭痛治療薬)(スマトリプタンコハク酸塩,ゾルミトリプタン,エレトリプタン臭化水素酸塩,リザトリプタン安息香酸塩,ナラトリプタン塩酸塩),エルゴタミン酒石酸塩,ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩(エルゴタミン酒石酸塩)→血圧上昇や血管れん縮が強まるおそれがあります。
(2)HIVプロテアーゼ阻害薬(エイズ治療薬(2))(リトナビル,インジナビル硫酸塩エタノール付加物,ネルフィナビルメシル酸塩,サキナビルメシル酸塩,アタザナビル硫酸塩,ホスアンプレナビルカルシウム水和物,ダルナビルエタノール付加物),エファビレンツ(エイズ治療薬(1)),アゾール系真菌治療薬(イトラコナゾール,ボリコナゾール(深在性真菌治療薬)),テラプレビル(C型肝炎治療薬(プロテアーゼ阻害薬)),コビシスタット含有製剤(スタリビルド配合錠(エイズ治療薬(3)))→血管れん縮などの重い副作用がおこるおそれが高くなります。

<注意して併用すべき薬>
(1)併用すると血圧の上昇などがおこるおそれがある薬剤……ブロモクリプチンメシル酸塩(乳汁分泌異常症治療薬
(2)併用すると血管れん縮などの重い副作用がおこるおそれがある薬剤……デラビルジンメシル酸塩,エリスロマイシン(マクロライド),クラリスロマイシン(マクロライド),シメチジン(ヒスタミンH2受容体拮抗薬),キヌプリスチン・ダルホプリスチン,スチリペントール(スチリペントール
(3)併用すると本剤の作用が弱まるおそれがある薬剤……ネビラピン(エイズ治療薬(1)),リファンピシン(リファンピシン
9ページTOPへ▲

メテルギンの海外評価

3.5点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

メテルギンのプレグナンシー・カテゴリー

プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲