プロスタグランジンE2 科研=富士製薬 (ジノプロストン) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

ぷろすたぐらんじんいーに
プロスタグランジンE2 [処方薬]








【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
婦人科の薬/女性用ホルモン剤
【解説タイトル/一般名】
陣痛誘発・促進ホルモン剤 / ジノプロストン
【剤形/保険薬価】
錠剤 / 0.5mg 1錠 272.10円
【メーカー】
科研=富士製薬
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
プロスタグランジン誘導体
【規制】
劇薬
【使用量と回数】
1回0.5mg(1錠)を1時間ごとに6回,1日最大3mgを1クールとし,開始後効果が認められたら服用中止。
【識別コード】
0.5mg 包装コード:KC 29 0.5mg 本体コード:KC 29
【その他】
保険収載年:1984/3
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

プロスタグランジンE2の処方目的

妊娠末期の陣痛誘発・促進
9ページTOPへ▲

プロスタグランジンE2の解説

内服により妊娠末期の陣痛促進に使用されるプロスタグランジンの誘導体です。
9ページTOPへ▲

プロスタグランジンE2の使用上の注意

<警告>
 過強陣痛や強直性子宮収縮により胎児仮死,子宮破裂,頸管裂傷,羊水塞栓などがおこることがあり,母体または児が重篤な転帰に至ったとの報告があります。医師から本剤を服用する必要性および危険性の十分な説明を受け,納得した場合にのみ服用してください。

<基本的注意>
(1)服用してはいけない場合……骨盤狭窄・児頭骨盤不均衡・骨盤位などの胎位異常/前置胎盤/常位胎盤早期剥離/胎児が仮死状態にある人/オキシトシン,ジノプロスト(PGF2α)の使用中
(2)慎重に服用すべき場合……緑内障,眼圧亢進のある人/ぜんそく,またはその前歴/帝王切開・子宮切開などの前歴/多胎妊娠,経産婦
(3)服用法……本剤は経口剤のため調節性に欠けるので,処方医が常に監視できる条件下で服用する必要があります。
(4)妊婦……本剤は,動物実験で催奇形性が認められています。妊娠末期以外の妊婦は服用しないでください。

<重大な副作用>
(1)過強陣痛(子宮破裂,頸管裂傷)。(2)胎児仮死徴候(仮死,徐脈,頻脈,羊水の混濁など)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)すぐに処方医に連絡する副作用……吐きけ・嘔吐,下痢/顔面潮紅,頻脈,血圧上昇/頭痛,めまい/胸部不快感,熱感,呼吸異常,発汗

<併用してはいけない薬>
オキシトシン,ジノプロスト(いずれも注射薬)→これらの薬剤と同時併用すると過強陣痛がおこりやすくなります。

<注意して併用すべき薬>
9ページTOPへ▲

プロスタグランジンE2の海外評価

0.0点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

プロスタグランジンE2のプレグナンシー・カテゴリー

プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲