ミグシス ファイザー (塩酸ロメリジン) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

みぐしす
ミグシス [処方薬]



ミグシス錠5mg




【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
痛み・炎症・熱の薬/片頭痛の薬
【解説タイトル/一般名】
塩酸ロメリジン / 塩酸ロメリジン
【剤形/保険薬価】
錠剤 / 5mg 1錠 27.80円
【メーカー】
ファイザー
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
片頭痛治療薬(カルシウム拮抗薬)
【規制】
【使用量と回数】
1回5mgを1日2回。1日最大20mg。
【識別コード】
5mg 包装コード:U 055 5mg 本体コード:U 055
【その他】
保険収載年:1999/5
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

ミグシスの処方目的

片頭痛
9ページTOPへ▲

ミグシスの解説

本剤は,我が国で初めてのカルシウム2+チャネル遮断作用を主作用とする片頭痛の基礎治療薬だといわれていますが,英米独仏の医薬品カタログにはまだ出ていません。
9ページTOPへ▲

ミグシスの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/頭蓋内出血またはその疑いのある人/脳梗塞急性期/妊婦または妊娠している可能性のある人
(2)慎重に服用すべき場合……重い肝機能障害/心電図でQT延長の疑われる人(心室性不整脈,QT延長症候群,低カリウム血症,低カルシウム血症など)/パーキンソニズム/うつ状態またはその前歴/高齢者
(3)服用上の注意……本剤は片頭痛の予防薬ですので,発現した頭痛発作を緩解する薬ではありません。
(4)危険作業は中止……本剤を服用すると,眠けを催すことがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(5)その他……
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
(1)抑うつ。(2)類似薬(塩酸フルナリジンなど)で,錐体外路(すいたいがいろ)症状。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(発疹)
(2)次回,受診した際に処方医に伝える副作用……眠け,頭痛,頭重,めまい,頭がボーッとする,ふらつき/悪心,嘔吐,腹痛,下痢,軟便,便秘,食欲不振,心窩部(しんかぶ)痛,腹部不快感,胃腸障害,口内炎,唇・口腔粘膜のむくみ/血圧低下,動悸/排尿障害,頻尿/ほてり感,胸痛,倦怠感,気分不良,背部つっぱり感,発汗,むくみ,悪寒,発熱,乳頭腫大
(3)検査などでわかる副作用……AST・ALT・γ-GTP・LDH・AL-P上昇

<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
(1)本剤と降圧薬との併用で,血圧が下がりすぎることがあるので注意してください。
9ページTOPへ▲

ミグシスの海外評価

0.0点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

ミグシスのプレグナンシー・カテゴリー

プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲