クリアミン配合錠S 日医工 (エルゴタミン酒石酸塩・無水カフェイン・イソプロピルアンチピリン配合剤) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

くりあみんはいごうじょうえす
クリアミン配合錠S [処方薬]








【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
痛み・炎症・熱の薬/片頭痛の薬
【解説タイトル/一般名】
エルゴタミン酒石酸塩 / エルゴタミン酒石酸塩・無水カフェイン・イソプロピルアンチピリン配合剤
【剤形/保険薬価】
錠剤 /  1錠 7.30円
【メーカー】
日医工
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
片頭痛治療薬
【規制】
劇薬
【使用量と回数】
配合錠A:1回1錠を1日2~3回,頭痛発作の前兆時は1~2錠を頓用,1週間最大10錠。配合錠B:1回2錠を1日2~3回,頭痛発作の前兆時は2~4錠を頓用,1週間最大20錠。
【識別コード】
【その他】
保険収載年:1965/11
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

クリアミン配合錠Sの処方目的

[エルゴタミン酒石酸塩・無水カフェイン・イソプロピルアンチピリン配合剤の適応症]片頭痛,血管性頭痛,緊張性頭痛
[ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩の適応症]片頭痛(血管性頭痛),起立性低血圧
〈注〉家族性片麻痺性片頭痛,脳底型片頭痛,眼筋麻痺性片頭痛あるいは網膜片頭痛の人は,本剤を服用してはいけません。
9ページTOPへ▲

クリアミン配合錠Sの解説

エルゴタミン酒石酸塩は,バッカク(ジヒドロエルゴトキシンメシル酸塩)の誘導体です。血管平滑筋に直接作用して,異常に拡張した外頸動脈を収縮し,拍動の振幅を減少させて頭痛を除去します。なお,ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩は起立性低血圧にも用いられます。
9ページTOPへ▲

クリアミン配合錠Sの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
*クリアミン配合錠A,Sの添付文書による

(1)服用してはいけない場合……末梢血管障害,閉塞性血管障害/狭心症/冠動脈硬化症/コントロール不十分な高血圧症,ショック,側頭動脈炎/肝機能障害,腎機能障害/敗血症/本剤の成分,バッカクアルカロイドまたはピラゾロン系薬剤に対するアレルギーの前歴/心エコー検査により,心臓弁尖肥厚,心臓弁可動制限およびこれらに伴う狭窄などの心臓弁膜の病変が確認された人,およびその前歴のある人/HIVプロテアーゼ阻害薬(エイズ治療薬(2))(リトナビル,ネルフィナビルメシル酸塩,ホスアンプレナビルカルシウム水和物,インジナビル硫酸塩エタノール付加物,アタザナビル硫酸塩,サキナビルメシル酸塩,ダルナビルエタノール付加物),デラビルジンメシル酸塩(エイズ治療薬(1)),エファビレンツ(エイズ治療薬(1)),マクロライド系抗生物質(マクロライド)(エリスロマイシン,ジョサマイシン,クラリスロマイシン,ミデカマイシン,ロキシスロマイシン),コビシスタット(エイズ治療薬(3)),アゾール系抗真菌薬(イトラコナゾール,フルコナゾール,ボリコナゾール(深在性真菌治療薬),ミコナゾール(カンジダ治療薬),ホスフルコナゾール),5-HT1B/1D受容体作動薬(セロトニン1B/1D受容体作動型頭痛治療薬)(スマトリプタンコハク酸塩,ゾルミトリプタン,エレトリプタン臭化水素酸塩,リザトリプタン安息香酸塩,ナラトリプタン塩酸塩),バッカクアルカロイド(ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩(エルゴタミン酒石酸塩),エルゴメトリン,メチルエルゴメトリンマレイン酸塩(メチルエルゴメトリンマレイン酸塩))の服用中/妊婦または妊娠している可能性のある人,授乳婦
(2)慎重に服用すべき場合……心臓障害,血液障害(貧血,白血球減少など),緑内障,本人または両親・兄弟に他の薬物に対するアレルギー・じん麻疹・気管支喘息・アレルギー性鼻炎・食物アレルギーなどがある人
(3)喫煙……本剤は血管収縮作用を増強するおそれがあるので,過度の喫煙はしないでください。
(4)危険作業に注意……本剤を服用すると,めまいなどがおこることがあります。服用中は,高所作業や自動車の運転など危険を伴う機械の操作は十分に注意してください。
(5)その他……
・小児での安全性:未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
(1)ショック(脈拍異常,呼吸困難,顔面蒼白,血圧低下など)。(2)皮膚粘膜眼症候群(スティーブン-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN)。(3)血管攣縮(れんしゅく),動脈内膜炎,チアノーゼ,壊疽などのバッカク中毒症状(四肢のしびれ感・ピリピリ感・痛み,脈消失など)。腎機能障害・意識障害・麻痺(特に長期または大量服用の場合)。(4)[長期連用の場合]エルゴタミン誘発性頭痛。[急に中止した場合]頭痛を主訴とする離脱症状。(5)肝機能障害,黄疸。(6)心筋虚血,心筋梗塞。(7)[長期連用の場合]胸膜線維症,後腹膜線維症,心臓弁線維症。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(発疹,かゆみ,局所性のむくみ,じん麻疹,呼吸困難)/四肢のしびれ感・ピリピリ感・筋痛・脱力感
(2)次回,受診した際に処方医に伝える副作用……徐脈,頻脈,胸部不快感,血圧上昇,心悸亢進/不安,ふるえ,不眠,めまい,頭痛/食欲不振,悪心・嘔吐,下痢,腹痛/瞳孔縮小・拡大,倦怠感
(3)検査などでわかる副作用……肝機能障害/腎機能障害/顆粒球減少,血小板減少,貧血

<併用してはいけない薬>
HIVプロテアーゼ阻害薬(エイズ治療薬(2)),エファビレンツ,デラビルジンメシル酸塩(エイズ治療薬(1)),コビシスタット含有製剤(エイズ治療薬(3)),5-HT1B/1D受容体作動薬,マクロライド系抗生物質(マクロライド),アゾール系抗真菌薬,バッカクアルカロイド(ジヒドロエルゴトキシンメシル酸塩)(メチルエルゴメトリンマレイン酸塩

<注意して併用すべき薬>
(1)併用すると相互に血管収縮作用が強まる薬剤……プロプラノロール塩酸塩(ベーター・ブロッカー(適応症に不整脈を含むもの))(ベーター・ブロッカー(適応症が狭心症と高血圧のもの)
9ページTOPへ▲

クリアミン配合錠Sの海外評価

5.5点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

クリアミン配合錠Sのプレグナンシー・カテゴリー

PC X プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲