スローケー ノバルティス (塩化カリウム) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

すろーけー
スローケー [処方薬]



スローケー錠600mg




【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
ビタミン剤と栄養補給・貧血・止血の薬/アミノ酸・ミネラル
【解説タイトル/一般名】
カリウム補給剤 / 塩化カリウム
【剤形/保険薬価】
錠剤 / 600mg 1錠 6.60円
【メーカー】
ノバルティス
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
カリウム補給剤
【規制】
【使用量と回数】
1日2~10g(液剤は20~100mL)を数回に分けて服用。徐放錠の場合は1回1,200mg(2錠)を1日2回。
【識別コード】
600mg 包装コード:CG 504 本体コード:CG 504
【その他】
保険収載年:1961/1
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

スローケーの処方目的

[L-アスパラギン酸カリウムの適応症]次の疾患または状態におけるカリウム補給→降圧利尿薬・副腎皮質ホルモン・強心配糖体・インスリン・ある種の抗生物質などの連用時,低カリウム血症型周期性四肢麻痺,心疾患時の低カリウム状態,重症嘔吐,下痢,カリウム摂取不足,手術後
[塩化カリウム(スローケーを除く)の適応症]次の疾患または状態におけるカリウム補給→降圧利尿薬・副腎皮質ホルモン・強心配糖体・インスリン・ある種の抗生物質などの連用時,低カリウム血症型周期性四肢麻痺,重症嘔吐,下痢,カリウム摂取不足,手術後/低クロール性アルカローシス
[スローケーの適応症]低カリウム血症の改善
[グルコン酸カリウムの適応症]低カリウム状態時のカリウム補給
[塩化カリウムほかの配合剤の適応症]軽症または中等症の体液異常喪失時・脱水症および手術後の回復期における電解質の補給・維持
9ページTOPへ▲

スローケーの解説

ジギタリス製剤(ジギタリス製剤),チアジド系薬剤(チアジド系薬剤),副腎皮質ホルモン(副腎皮質ステロイド薬),インスリン(糖尿病治療薬(1)(インスリン製剤)),ある種の抗生物質などの連用時などは,血中カリウムが減少して副作用が現れやすくなるので,カリウムの多い食物(メロンやバナナなど)をとることが必要ですが,薬で補給する場合もあります。
なお,スローケー,ケーサプライは徐放製剤になります。また,ソリタ-Tは,塩化カリウムのほかに塩化ナトリウム,リン酸二水素ナトリウム,クエン酸ナトリウム水和物,炭酸マグネシウムを含み,電解質の補給に用います。
9ページTOPへ▲

スローケーの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
*L-アスパラギン酸カリウム(アスパラカリウム),グルコン酸カリウム(グルコンサンK),塩化カリウム(スローケー)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……重い腎機能障害(乏尿,無尿)/副腎機能障害(未治療のアジソン病)/高カリウム血症/消化管の通過障害(食道狭窄,消化管狭窄または消化管運動機能不全)/高カリウム血性周期性四肢麻痺/本剤の成分に対するアレルギーの前歴/エプレレノン服用中
[塩化カリウム(K.C.L.エリキシルのみ) ]ジスルフィラム,シアナミド,カルモフール,プロカルバジン塩酸塩の服用中
(2)慎重に服用すべき場合……腎機能低下あるいは腎機能障害/急性脱水症,広範囲の組織損傷(熱傷,外傷など)/高カリウム血症が現れやすい疾患(低レニン性低アルドステロン症など)のある人/抗コリン作動薬の服用中
[塩化カリウムのみ]心疾患/消化性潰瘍の前歴
(3)服用法……[塩化カリウム](1)本剤は噛み砕かずに,多めの水(150mL)で服用してください。(2)本剤のゴーストタブレット(有効成分放出後の殻錠)が便の中に排泄されることがありますが,心配はありません。
(4)定期検査……長期服用する場合は,定期的に血中・尿中のカリウム値,腎機能,心電図などの検査を受けることが必要です。
(5)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。[塩化カリウム]有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:[L-アスパラギン酸カリウム]原則として服用しない。[グルコン酸カリウム,塩化カリウム]未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
(1)心臓伝導障害。
[塩化カリウムのみ](2)消化管の閉塞,潰瘍,穿孔(せんこう)。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……[グルコン酸カリウム,塩化カリウム]アレルギー症状(発疹,かゆみ,じん麻疹,皮疹)
(2)すぐに処方医に連絡する副作用……[L-アスパラギン酸カリウム]胃腸障害,食欲不振,心窩部(しんかぶ)重圧感/耳鳴り,頭がかっかする
(3)次回,受診した際に処方医に伝える副作用……[グルコン酸カリウム]悪心・嘔吐,食欲不振,下痢,腹痛,胸やけ,便秘,腹部膨満感 [塩化カリウム]悪心・嘔吐,腹部不快感,下痢
(4)検査などでわかる副作用……[L-アスパラギン酸カリウム]高カリウム血症

<併用してはいけない薬>
[ソリタ-T配合顆粒を除く]エプレレノン(セララ)(エプレレノン)→本剤との併用により血中カリウム値を上昇させるおそれがあります。
[塩化カリウム(K.C.L.エリキシルのみ) ]ジスルフィラム(断酒薬)(ノックビン),シアナミド(断酒薬)(シアナマイド),カルモフール(ミフロール),プロカルバジン塩酸塩(プロカルバジン塩酸塩)→これらの薬剤とのアルコール反応(顔面潮紅,血圧降下,悪心,頻脈,めまい,呼吸困難,視力低下など)をおこすおそれがあります。

<注意して併用すべき薬>
(1)本剤との併用で高カリウム血症がおこることがある薬剤……カリウム保持性利尿薬(スピロノラクトン(スピロノラクトン),トリアムテレン(トリアムテレン)など),アンジオテンシン変換酵素阻害薬(イミダプリル塩酸塩・カプトプリル・エナラプリルマレイン酸塩など(ACE阻害薬(アンジオテンシン変換酵素阻害薬))),アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ロサルタンカリウム・カンデサルタンシレキセチル・バルサルタン(ARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬))など),非ステロイド系解熱鎮痛薬(インドメタシンなど(インドール酢酸系NSAID)),ベーター・ブロッカー(ベーター・ブロッカー(適応症に不整脈を含むもの))(ベーター・ブロッカー(適応症が狭心症と高血圧のもの)),シクロスポリン(シクロスポリン),ヘパリン,ジゴキシン(ジギタリス製剤),ドロスピレノン・エチニルエストラジオール(卵胞・黄体ホルモン配合剤),直接的レニン阻害薬 (アリスキレンフマル酸塩(直接的レニン阻害薬))
(2)本剤との併用で消化管粘膜刺激作用がおこりやすい薬剤……抗コリン作動薬
(3)本剤との併用により血清カリウム値が上昇するおそれがある薬剤……[グルコン酸カリウム]V2-受容体拮抗薬(トルバプタン(トルバプタン)など)
(4)本剤との併用により作用が弱まることがある薬剤……[塩化カリウム]筋弛緩薬(ベクロニウムなど)
(5)併用するとアルコール反応(顔面潮紅,悪心,頻脈,多汗,頭痛など)をおこすおそれがある薬剤……[塩化カリウム(K.C.L.エリキシルのみ)]N-メチルテトラゾールチオメチル基を有するセフェム系抗生物質(セフメノキシム塩酸塩,セフォペラゾンナトリウム,セフブペラゾンナトリウム,セフミノクスナトリウム水和物など),メトロニダゾール(メトロニダゾール
9ページTOPへ▲

スローケーの海外評価

5.5点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

スローケーのプレグナンシー・カテゴリー

PC C プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲