アスパラ配合錠 田辺三菱=田辺販売 (アスパラギン酸カリウム・マグネシウム配合剤) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

あすぱらはいごうじょう
アスパラ配合錠 [処方薬]








【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
肝臓・膵臓・胆道・痔の薬/肝臓障害の薬
【解説タイトル/一般名】
アスパラギン酸カリウム・マグネシウム配合剤 / アスパラギン酸カリウム・マグネシウム配合剤
【剤形/保険薬価】
錠剤 /  1錠 5.80円
【メーカー】
田辺三菱=田辺販売
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
肝臓障害用薬
【規制】
【使用量と回数】
1日3~10錠を2~3回に分けて服用。
【識別コード】
150mg 包装コード: TA 001 本体コード:TA 001
【その他】
保険収載年:1963/1
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

アスパラ配合錠の処方目的

以下の疾患または状態時におけるカリウム補給(マグネシウム欠乏を合併している疑いがある場合)→降圧利尿薬・副腎皮質ステロイド薬・強心配糖体・インスリン・ある種の抗生物質などの連用時/低カリウム血症型周期性四肢麻痺/心疾患時・肝疾患時の低カリウム状態/重症嘔吐,下痢/カリウム摂取不足/手術後
9ページTOPへ▲

アスパラ配合錠の解説

以前は肝疾患にも有効とされていましたが,現在ではカリウム・マグネシウムの補給程度の意味しか持っていません。
9ページTOPへ▲

アスパラ配合錠の使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/重い腎機能障害/副腎機能障害(アジソン病)/高カリウム血症,高マグネシウム血症/食道狭窄のある人(心肥大,食道がん,胸部大動脈瘤,逆流性食道炎,心臓手術などによる食道圧迫)/消化管狭窄,消化管運動機能不全/高カリウム血性周期性四肢麻痺/エプレレノンの服用中
(2)慎重に服用すべき場合……腎機能低下,腎機能障害/急性脱水症,広範囲の組織損傷(熱傷,外傷など)/高カリウム血症が現れやすい疾患(低レニン性低アルドステロン症など)/高マグネシウム血症が現れやすい疾患/抗コリン作動薬の服用中
(3)定期検査……本剤を長期服用する場合は,定期的に血中・尿中のカリウムやマグネシウム値,腎機能,心電図などの検査を受けることが必要です。
(4)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:原則として服用しない。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
(1)心臓の伝導障害。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)すぐに処方医に連絡する副作用……胃腸障害,胸やけ,下痢,嘔吐,腹部膨満感/倦怠感,熱感

<併用してはいけない薬>
エプレレノン(セララ)(エプレレノン)→本剤との併用によりカリウム貯留作用が強まるおそれがあります。

<注意して併用すべき薬>
(1)本剤との併用で高カリウム血症がおこる薬剤……カリウム保持性利尿薬(スピロノラクトン(スピロノラクトン),トリアムテレン(トリアムテレン)など),アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬(アンジオテンシン変換酵素阻害薬))(イミダプリル塩酸塩,カプトプリル,マレイン酸エナラプリルなど),アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬))(ロサルタンカリウム,カンデサルタンシレキセチル,バルサルタンなど),非ステロイド系消炎鎮痛薬(インドメタシンなど(インドール酢酸系NSAID)),ベーター・ブロッカー(ベーター・ブロッカー(適応症に不整脈を含むもの))(ベーター・ブロッカー(適応症が高血圧症のみのもの)),シクロスポリン(シクロスポリン),ヘパリン,ジゴキシン(ジギタリス製剤
(2)本剤との併用で高マグネシウム血症がおこる薬剤……活性型ビタミンD製剤(アルファカルシドール)(カルシトリオール,アルファカルシドール)
(3)併用すると本剤の消化管粘膜刺激が現れやすくなる薬剤……抗コリン作動薬
9ページTOPへ▲

アスパラ配合錠の海外評価

海外評価とは
9ページTOPへ▲

アスパラ配合錠のプレグナンシー・カテゴリー

プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲