タケプロンOD 武田 (ランソプラゾール) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

たけぷろんおーでぃー
タケプロンOD [処方薬]



タケプロンOD錠15mg


タケプロンOD錠30mg

【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
胃腸の薬/胃炎・消化性潰瘍の薬
【解説タイトル/一般名】
プロトンポンプ阻害薬 / ランソプラゾール
【剤形/保険薬価】
錠剤 / 15mg 1錠 89.30円
錠剤 / 30mg 1錠 155.70円
【メーカー】
武田
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
消化性潰瘍治療薬
【規制】
【使用量と回数】
胃潰瘍,吻合部潰瘍,逆流性食道炎の場合は,1日1回30mgを8週間まで。十二指腸潰瘍の場合は,1日1回30mgを6週間まで。その他の場合は,処方医の指示通りに服用。
【識別コード】
15mg 包装コード: 212 15 本体コード: 212:15
30mg 包装コード: 213 30 本体コード: 213:30
【その他】
保険収載年:1992/11
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

タケプロンODの処方目的

[オメプラゾール,エソメプラゾールマグネシウム水和物,ランソプラゾールの適応症]胃潰瘍十二指腸潰瘍,吻合部潰瘍,逆流性食道炎,非びらん性胃食道逆流症,ゾリンガー・エリスン症候群/下記におけるヘリコバクター・ピロリの除菌の補助→胃潰瘍十二指腸潰瘍,胃MALTリンパ腫,特発性血小板減少性紫斑病,早期胃がんに対する内視鏡的治療後の胃,ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎
[ラベプラゾールナトリウムの適応症]胃潰瘍十二指腸潰瘍,吻合部潰瘍,逆流性食道炎,ゾリンガー・エリスン症候群
[ピロリ菌除去用ランソプラゾール配合剤の適応症]胃潰瘍十二指腸潰瘍・胃MALTリンパ腫・特発性血小板減少性紫斑病・早期胃がんに対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症,ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎
[ピロリ菌除去用ラベプラゾールナトリウム配合剤の適応症]胃潰瘍十二指腸潰瘍・胃MALTリンパ腫・特発性血小板減少性紫斑病・早期胃がんに対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症
[エソメプラゾールマグネシウム水和物,タケプロンカプセル15mg,タケプロンOD錠15mgのみの適応症]低用量アスピリン・非ステロイド性抗炎症薬投与時における胃潰瘍十二指腸潰瘍の再発抑制
9ページTOPへ▲

タケプロンODの解説

ヒスタミンH₂受容体拮抗薬(ヒスタミンH₂受容体拮抗薬)と同様,胃酸の分泌を抑えて消化性潰瘍を治療する薬です。
胃液を分泌する胃腺の壁細胞内における一連の胃酸分泌反応の最終段階では,壁細胞のなかから水素イオンを放出してカリウムイオンを取り込むプロトンポンプと呼ばれる酵素(H⁺,K⁺ATPase)が働いています。本剤は,このプロトンポンプの働きを阻害して胃酸の分泌を抑制するといわれています。
なお,胃潰瘍・十二指腸潰瘍や胃炎の人に,ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の存在する率が高いことがわかってきました。この菌を取り除くと胃潰瘍や十二指腸潰瘍の再発率が低くなるといわれ,本剤は,その目的のためにも使われます。
ランサップとランピオンパックは,ピロリ菌除去のための配合剤です。ランサップにはタケプロン(一般名ランソプラゾール)のほかに,アモキシシリン水和物(広域感性ペニシリン),クラリスロマイシン(マクロライド)が入っています。ランピオンパックはランサップでの除菌治療が不成功の場合に用いるもので,上記配合のクラリスロマイシンの代わりにメトロニダゾール(メトロニダゾール)が入っています。
また,ラベキュアパックとラベファインパックも同様にピロリ菌除去のための配合剤です。上記のタケプロンの代わりにパリエット(一般名ラベプラゾールナトリウム)が配合されています。服用に際しては,それぞれの薬剤の注意事項も参照してください。
9ページTOPへ▲

タケプロンODの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
*オメプラゾール(オメプラゾン),ランソプラゾール(タケプロン,OD),ラベプラゾールナトリウム(パリエット)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/アタザナビル硫酸塩,リルピビリン塩酸塩の服用中
(2)慎重に服用すべき場合……薬物過敏症の前歴/肝機能障害/高齢者
(3)服用法……(1)[オメプラゾール,ラベプラゾールナトリウム]腸で溶ける錠剤なので,噛んだり砕いたりせずに,水とともにのみくだしてください。(2)[ランソプラゾール]OD錠(口腔内崩壊錠)は舌の上にのせて唾液を浸せば舌でつぶれますが,口腔の粘膜から吸収されることはないので,唾液または水でのみ込んでください。ただし,寝たままの状態では,水なしで服用しないでください。
(4)逆流性食道炎……[オメプラゾール,ランソプラゾール]服用期間は通常8週間までで,再発・再燃を繰り返す逆流性食道炎の維持療法のために本剤を服用する場合は,定期的に内視鏡や肝機能,腎機能,血液像などの検査を行う必要があります。服用中に体重減少,吐血,嚥下障害などの症状がみられたら,すぐに処方医へ連絡してください。
(5)胃ポリープ……[オメプラゾール,ラベプラゾールナトリウム]本剤の長期服用中に,良性の胃ポリープを認めたとの報告があります。
(6)動物実験……ラットで,胃のカルチノイド腫瘍,良性の精巣間細胞腫や網膜萎縮(ランソプラゾール),甲状腺重量および血中サイロキシンの増加(ラベプラゾールナトリウム)がみられたとの報告があります。
(7)定期検査……服用中は,定期的に肝機能,腎機能,血液像などの検査を受けることが必要です。
(8)かくされる症状……本剤を服用すると,胃がんによる症状をかくすことがあります。本剤は,胃がんではないことを確認のうえで処方されます。
(9)セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品……[オメプラゾール]一緒に摂取すると本剤の血中濃度が低下するおそれがあるので,本剤の服用中はセイヨウオトギリソウ含有食品を摂取しないでください。
(10)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
(1)ショック,アナフィラキシー様症状(血管浮腫,気管支けいれんなど)。(2)無顆粒球症,汎血球減少症,溶血性貧血,血小板減少。(3)劇症肝炎,肝機能障害,急性肝不全,黄疸。(4)急性腎不全,間質性腎炎。(5)中毒性表皮壊死融解症(TEN),皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群)。(6)間質性肺炎(発熱,せき,呼吸困難など)。
[オメプラゾール,ラベプラゾールナトリウム](7)低ナトリウム血症。(8)横紋筋(おうもんきん)融解症。
[オメプラゾール](9)視力障害。(10)錯乱状態(せん妄,異常行動,失見当識,幻覚,不安,焦燥,攻撃性など)。
[ランソプラゾール](11)重篤な大腸炎(腹痛,頻回の下痢など)。
[ラベプラゾールナトリウム](12)多形紅斑。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(発疹,じん麻疹,かゆみ,多形紅斑,光線過敏症)
[ランソプラゾール]頻回の下痢
(2)すぐに処方医に連絡する副作用……下痢・軟便,便秘,悪心,嘔吐,鼓腸放屁,腹部膨満感,カンジダ症,口渇,腹痛,口内炎,舌炎,味覚異常,食欲不振,胸やけ,下腹部痛,苦味,胃もたれ,胃食道逆流,食道炎/頭痛,眠け,しびれ感,めまい,ふるえ,傾眠,不眠,異常感覚,うつ状態,ふらつき,四肢脱力,知覚鈍麻,握力低下,口のもつれ,昏睡/動悸/かすみ目,目のちらつき/発熱,むくみ,女性化乳房,脱毛,倦怠感,頻尿,味覚異常,心悸亢進,月経異常,腟モニリア症,関節痛,筋肉痛,発汗,発熱
(3)検査などでわかる副作用……AST・ALT・AL-P・γ-GTP・LDH・ビリルビン上昇/赤血球・血小板・リンパ球減少,白血球減少・増加,白血球分画異常,好酸球増多,好中球減少・増多/血圧上昇,貧血/QT延長,CK上昇,BUN・クレアチニン・尿酸・トリグリセリド・カリウム上昇,総コレステロール上昇・低下,尿タンパク陽性,尿糖陽性,高アンモニア血症

<併用してはいけない薬>
[すべての製剤]アタザナビル硫酸塩(エイズ治療薬(2)),リルピビリン塩酸塩(エイズ治療薬(1))→本剤との併用により作用が弱まるおそれがあります。
[ピロリ菌除菌用ランソプラゾール配合剤のみ](1)ピモジド(ブチロフェノン系薬剤)→QT延長,心室性不整脈などの心血管系の副作用が報告されています。(2)エルゴタミン含有製剤(エルゴタミン酒石酸塩,ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩(エルゴタミン酒石酸塩))→血管れん縮などの重い副作用をおこすおそれがあります。(3)タダラフィル(シルデナフィルクエン酸塩ほか)→本剤との併用により作用が増強するおそれがあります。

<注意して併用すべき薬>
(1)本剤との併用で作用が強まる可能性がある薬剤……ジゴキシン,メチルジゴキシン(ジギタリス製剤),メトトレキサート(メトトレキサート)(メトトレキサート
[オメプラゾールのみ]ワルファリンカリウム(ワルファリンカリウム),ボリコナゾール(深在性真菌治療薬),サキナビルメシル酸塩(エイズ治療薬(2)),シロスタゾール(シロスタゾール
[オメプラゾール,ランソプラゾール]ジアゼパム(ベンゾジアゼピン系安定薬),フェニトイン(フェニトイン),タクロリムス水和物(タクロリムス水和物ほか
(2)本剤との併用で作用が弱まる可能性がある薬剤……(1)イトラコナゾール(深在性真菌治療薬)と併用すると,本剤の胃酸分泌抑制作用によりイトラコナゾールの溶解性が低下し,イトラコナゾールの血中濃度が低下することがあります。(2)ゲフィチニブ(ゲフィチニブ)と併用すると,ゲフィチニブの溶解性がpHに依存することから,本剤を含む胃酸分泌抑制薬との併用によってゲフィチニブの吸収が低下し,作用が弱まる可能性が考えられます。(3)[ランソプラゾール]テオフィリン(テオフィリン),[オメプラゾール]ネルフィナビルメシル酸塩(エイズ治療薬(2)),クロピドグレル硫酸塩(クロピドグレル),ゲフィチニブ(ゲフィチニブ),エルロチニブ塩酸塩(エルロチニブ塩酸塩),[ラベプラゾールナトリウム]水酸化アルミニウムゲル含有制酸剤,水酸化マグネシウム含有制酸剤(制酸剤
9ページTOPへ▲

タケプロンODの海外評価

5.5点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

タケプロンODのプレグナンシー・カテゴリー

PC B プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから提供を受け、当社が転載しています。
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲