アズノール 日本新薬 (アズレンスルフォン酸ナトリウム水和物) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

あずのーる
アズノール [処方薬]



アズノール錠2mg




【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
胃腸の薬/胃炎・消化性潰瘍の薬
【解説タイトル/一般名】
アズレンスルフォン酸ナトリウム水和物 / アズレンスルフォン酸ナトリウム水和物
【剤形/保険薬価】
細粒剤 / 0.4% 1g 10.60円
細粒剤 / 1% 1g 17.10円
錠剤 / 2mg 1錠 6.40円
【メーカー】
日本新薬
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
胃粘膜保護薬
【規制】
【使用量と回数】
1回2mgを1日3回。1回量を約100mLの水またはぬるま湯に溶かす。うがい薬の場合は,1回4~6mgを約100mLの水またはぬるま湯に溶かして1日数回。
【識別コード】
2mg 包装コード: 203 本体コード: 203
0.4% 包装コード: 235 本体コード:
1% 包装コード: 236 本体コード:
【その他】
保険収載年:1961/12
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

アズノールの処方目的

[アズレンスルフォン酸ナトリウム水和物]胃炎胃潰瘍/[うがい薬として]咽頭炎,扁桃炎,口内炎,急性歯肉炎,舌炎,口腔創傷
[アズレンスルフォン酸ナトリウム水和物配合剤]胃潰瘍十二指腸潰瘍胃炎
[エグアレンナトリウム水和物]胃潰瘍におけるH2受容体拮抗薬(ヒスタミンH2受容体拮抗薬)との併用療法
9ページTOPへ▲

アズノールの解説

本剤は,胃粘膜内ヘキソサミン量の増加による粘膜保護作用や,胃粘膜内ペプシノゲン量減少作用などにより,組織の修復を促進させます。
アズレンの誘導体のエグアレンナトリウム製剤は,H2受容体拮抗薬(ヒスタミンH2受容体拮抗薬)と併用して使われることになっています。また,同効品に比べて,1日当たりの薬価が高いことにも注目すべきです。
なお,アズレンスルフォン酸ナトリウム水和物は,うがい薬として咽頭炎,扁桃炎,口内炎,急性歯肉炎,舌炎,口腔創傷の治療にも使われます。(うがい用薬
9ページTOPへ▲

アズノールの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
*アズレンスルフォン酸ナトリウム水和物配合剤(マーズレンS配合顆粒)の添付文書による

・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・小児での安全性:未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(発疹,かゆみ,じん麻疹)
(2)次回,受診した際に処方医に伝える副作用……悪心,嘔吐,便秘,下痢,腹痛,膨満感,胃部不快感/顔面紅潮
(3)検査などでわかる副作用……AST・ALT・LDH・AL-P・γ-GTP上昇

<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
9ページTOPへ▲

アズノールの海外評価

0.0点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

アズノールのプレグナンシー・カテゴリー

プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲