アンプラーグ 田辺三菱 (サルポグレラート塩酸塩) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

あんぷらーぐ
アンプラーグ [処方薬]



アンプラーグ錠50mg


アンプラーグ錠100mg

【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
その他の循環器系の薬/血液凝固を防ぐ薬
【解説タイトル/一般名】
サルポグレラート塩酸塩 / サルポグレラート塩酸塩
【剤形/保険薬価】
細粒剤 / 10% 1g 127.70円
錠剤 / 50mg 1錠 67.10円
錠剤 / 100mg 1錠 113.00円
【メーカー】
田辺三菱
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
血行障害改善薬
【規制】
【使用量と回数】
1回100mg(細粒剤は1g)を1日3回。
【識別コード】
10% 包装コード: 本体コード:
50mg 包装コード: 本体コード:
100mg 包装コード: 本体コード:
【その他】
保険収載年:1993/8
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

アンプラーグの処方目的

慢性動脈閉塞症に伴う潰瘍・疼痛・冷感などの虚血性諸症状の改善
9ページTOPへ▲

アンプラーグの解説

本剤は,血管の収縮を抑え,また血管内で血液が固まるのを抑えて,血流をよくする薬剤です。
慢性動脈硬化症にはいくつかの種類がありますが,近年増加しているのが閉塞性動脈硬化症で,主として下肢の血管の閉塞により血流が低下して発症します。
軽症の場合は手足の指の冷感,しびれ感のみですが,重症になるに従って間欠性跛行(はこう),疼痛や潰瘍などが現れてきます。間欠性跛行とは,歩いていると痛みやしびれで歩けなくなり,しばらく休むとまた歩けるようになることを繰り返す症状です。
9ページTOPへ▲

アンプラーグの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
*サルポグレラート塩酸塩(アンプラーグ)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……出血している人(血友病,毛細血管脆弱(ぜいじゃく)症,消化管潰瘍,尿路出血,喀血,硝子体出血など)/妊婦または妊娠している可能性のある人
(2)慎重に服用すべき場合……月経期間中/出血傾向ならびにその素因のある人/抗凝血薬(ワルファリンなど)・抗血小板薬(アスピリン,チクロピジン塩酸塩,シロスタゾールなど)の服用中/重い腎機能障害
(3)定期検査……服用中は,定期的に血液検査を受ける必要があります。
(4)服用の注意……開封後すみやかに服用します。服用にあたっては直ちにのみ下すようにします。
(5)その他……
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
(1)脳出血,消化管出血。(2)血小板減少。(3)肝機能障害,黄疸。(4)無顆粒球症。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(発疹,発赤,丘疹,かゆみ,紅斑,じん麻疹)
(2)すぐに処方医に連絡する副作用……出血(鼻出血,皮下出血など)
(3)次回,受診した際に処方医に伝える副作用……吐きけ,胸やけ,腹痛,便秘,食道の異物感,食欲不振,腹部膨満感,下痢,口内炎/心悸亢進,息切れ,胸痛,ほてり/頭痛,眠け,味覚異常,めまい/貧血/体重増加,むくみ,倦怠感,しびれ感,発熱,咽頭痛,咽頭不快感,咽頭灼熱感
(4)検査などでわかる副作用……AST・ALT・AL-P・γ-GTP・LDH・ビリルビン上昇/タンパク尿,尿潜血,BUN・クレアチニン上昇/血小板・白血球減少/トリグリセリド・コレステロール上昇,アルブミン減少,尿糖,尿沈渣/血清カルシウム減少

<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
(1)本剤との併用で出血を助長する薬剤……ワルファリンカリウム(ワルファリンカリウム),アスピリン(アスピリン)(小用量アスピリン(血栓防止用)),チクロピジン塩酸塩(チクロピジン塩酸塩),シロスタゾール(シロスタゾール
9ページTOPへ▲

アンプラーグの海外評価

0.0点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

アンプラーグのプレグナンシー・カテゴリー

プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲