ゼチーア MSD=バイエル (エゼチミブ) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

ぜちーあ
ゼチーア [処方薬]



ゼチーア錠10mg




【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
その他の循環器系の薬/脂質異常症の薬
【解説タイトル/一般名】
エゼチミブ / エゼチミブ
【剤形/保険薬価】
錠剤 / 10mg 1錠 185.30円
【メーカー】
MSD=バイエル
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
高脂血症治療薬(脂質異常症用薬)
【規制】
【使用量と回数】
1日1回10mg(1錠)。
【識別コード】
10mg 包装コード: 941: \03 本体コード:EZ 10
10mg 包装コード: 941: \03 本体コード:EZ 10
【その他】
保険収載年:2007/6
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

ゼチーアの処方目的

高コレステロール血症,家族性高コレステロール血症,ホモ接合体性シトステロール血症
9ページTOPへ▲

ゼチーアの解説

小腸には食物や胆汁に由来するコレステロールの吸収に関与する小腸コレステロールトランスポーターと呼ばれるものがあります。エゼチミブはこのトランスポーターを阻害してコレステロールの吸収を抑制する,新しいタイプの高脂血症治療薬です。現在,最も多く使用されているHMG-CoA酵素阻害薬(スタチン類)は,やはりよく使用されるフィブラート系の薬剤とは原則併用禁忌ですが,エゼチミブはそのどちらとも併用することが可能で,治療の選択の幅が広がりました。
9ページTOPへ▲

ゼチーアの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/重篤な肝機能障害(HMG-CoA還元酵素阻害薬と併用する場合)
(2)慎重に服用すべき場合……シクロスポリン使用中/肝機能障害/糖尿病
(3)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
(1)過敏症(アナフィラキシー,血管神経性浮腫,発疹)。(2)横紋筋(おうもんきん)融解症。(3)肝機能障害。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(紅斑,発疹など)
(2)すぐに処方医に連絡する副作用……めまい,筋肉痛・筋力低下・筋けい縮・背部痛・四肢痛・脱力感,帯状疱疹,単純疱疹
(3)次回,受診した際に処方医に伝える副作用……頭痛,しびれ,坐骨神経痛/抑うつ,錯感覚/便秘,下痢,腹痛,吐きけ,嘔吐,食欲不振,消化不良,おなら,口内炎,胃炎,口内乾燥/動悸/関節痛/皮膚のかゆみ,じん麻疹,多形紅斑/疲労,むくみ,せき/無力症,疼痛/ほてり
(4)検査などでわかる副作用……アミラーゼ上昇,膵炎,胆石症,胆嚢炎/AL-P・γ-GTP・AST・ビリルビン上昇,肝炎/タンパク尿,BUN上昇/期外収縮,血圧上昇/CK上昇/白血球・血小板減少/コルチゾール上昇,テストステロン低下,TSH・尿酸・リン値上昇

<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
(1)併用すると本剤の血中濃度が低下する薬剤……陰イオン交換樹脂(コレスチラミン)(コレスチミド,コレスチラミンなど)
(2)併用すると両剤の血中濃度が高まる薬剤……シクロスポリン(シクロスポリン
(3)併用するとプロトロンビン時間国際標準比が上昇する薬剤……クマリン系抗凝血薬(ワルファリンカリウム)(ワルファリンなど)
9ページTOPへ▲

ゼチーアの海外評価

5.5点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

ゼチーアのプレグナンシー・カテゴリー

PC C プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲