イピノテック 日医工ファーマ=三和 (アメジニウムメチル硫酸塩) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

いぴのてっく
イピノテック [処方薬]








【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
血圧の薬/低血圧の薬
【解説タイトル/一般名】
アメジニウムメチル硫酸塩 / アメジニウムメチル硫酸塩
【剤形/保険薬価】
錠剤 / 10mg 1錠 16.20円
【メーカー】
日医工ファーマ=三和
【先発/ジェネリック】
ジェネリックジェネリック医薬品
【分類】
低血圧治療薬
【規制】
【使用量と回数】
1日20mgを2回に分けて服用。透析施行時の血圧低下の場合は,透析開始時に1回10mg。
【識別コード】
10mg 包装コード: 2 CX 10mg 本体コード: 2 CX
【その他】
保険収載年:1991/8
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

イピノテックの処方目的

本態性低血圧,起立性低血圧/透析施行時の血圧低下の改善
9ページTOPへ▲

イピノテックの解説

本剤は,ノルアドレナリンの神経終末への再取り込みを抑制するとともに,神経終末においてノルアドレナリンの不活性化を抑制して交感神経機能を亢進し,血圧を上昇させるといわれています。
9ページTOPへ▲

イピノテックの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
*アメジニウムメチル硫酸塩(リズミック)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……高血圧症/甲状腺機能亢進症/褐色細胞腫/狭隅角(きょうぐうかく)緑内障/残尿を伴う前立腺肥大
(2)慎重に服用すべき場合……重い心臓障害
(3)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
重大な副作用はありませんが,そのほかの副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(発疹,湿疹,じん麻疹)
(2)次回,受診した際に処方医に伝える副作用……動悸,頻脈,血圧変動,不整脈(期外収縮,心房細動など),ほてり感,のぼせ感,胸部不快感,息苦しさ,むくみ,胸内苦悶感,四肢の冷感/めまい,立ちくらみ,頭痛,頭重,気分不良,ふらつき,全身倦怠感,焦躁感,情緒不安定,不眠,眠け,全身のしびれ,耳鳴り/吐きけ・嘔吐,腹痛,胸やけ,食欲不振,腹部膨満,下痢,便秘,口渇感/排尿障害,発熱,全身熱感,頸部痛,下肢痛,視力障害,歩行障害・構語障害の悪化
(3)検査などでわかる副作用……AST・ALT上昇,白血球の減少

<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
(1)本剤との併用で血圧の異常上昇がおこる薬剤……ドロキシドパ(ドロキシドパ),ノルアドレナリン
9ページTOPへ▲

イピノテックの海外評価

1.0点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

イピノテックのプレグナンシー・カテゴリー

プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲