メチルドパ 鶴原 (メチルドパ水和物) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

めちるどぱ
メチルドパ [処方薬]








【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
血圧の薬/血圧降下薬
【解説タイトル/一般名】
メチルドパ水和物 / メチルドパ水和物
【剤形/保険薬価】
錠剤 / 125mg 1錠 9.60円
錠剤 / 250mg 1錠 9.60円
【メーカー】
鶴原
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
血圧降下薬
【規制】
【使用量と回数】
1日250~750mgから服用しはじめ,適当な降圧効果が得られるまで数日以上の間隔をおいて1日250mgずつ増量する。維持量は1日250~2,000mgを1~3回に分けて服用。
【識別コード】
125mg 包装コード:125mg 本体コード:
250mg 包装コード:250mg 本体コード:
【その他】
保険収載年:1963/1
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

メチルドパの処方目的

高血圧症(本態性,腎性など),悪性高血圧
9ページTOPへ▲

メチルドパの解説

交感神経が血管を収縮させるときに必要なカテコラミンをつくる酵素の働きを抑える働きが,本剤の降圧作用の本質と考えられています。
本剤は,妊娠中になった高血圧(妊娠高血圧症候群)に対しての安全性が十分に確認されています。ヒドララジン塩酸塩(ヒドララジン塩酸塩)とともに,妊娠高血圧症候群に最も多く使用されています。
9ページTOPへ▲

メチルドパの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
*メチルドパ水和物(アルドメット)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……急性肝炎,慢性肝炎・肝硬変の活動期/非選択的モノアミン酸化酵素阻害薬(モノアミン酸化酵素の働き)の服用中/本剤の成分に対するアレルギーの前歴
(2)慎重に服用すべき場合……肝疾患の前歴,肝機能障害/高齢者
(3)尿の色……本剤服用中の人の尿を放置しておくと,黒くなることがありますが,心配はありません。
(4)危険作業に注意……本剤を服用すると眠けや脱力感などが現れることがあるので,高所作業や自動車の運転など危険を伴う機械の操作は十分に注意してください。
(5)その他……
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:服用するときは授乳を中止。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
(1)溶血性貧血,白血球減少,血小板減少,無顆粒球症。(2)脳血管不全症状,舞踏病アテトーゼ様不随意運動,両側性ベル麻痺。(3)心筋炎。(4)うっ血性心不全。(5)狭心症の発作の誘発。(6)SLE(全身性エリテマトーデス)様症状(発熱,紅斑,関節痛など)。(7)脈管炎。(8)骨髄機能抑制。(9)中毒性表皮壊死融解症(TEN)。(10)肝機能障害(肝炎など),黄疸。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(発疹)
(2)すぐに処方医に連絡する副作用……発熱/知覚異常,抑うつ,精神活動の減退,悪夢,不眠,パーキンソン症状,脱力感,頭痛,眠け,めまい,ふらふら感/頸動脈洞の過敏による徐脈・失神,徐脈,起立性低血圧/便秘,大腸炎,舌のあれ,黒舌,唾液腺炎,膵炎,悪心・嘔吐,食欲不振,口渇,下痢,腹部膨満感/体重増加,性欲減退,陰萎(いんい),筋肉痛,関節痛,女性化乳房,乳房肥大,乳汁分泌,無月経,むくみ
(3)検査などでわかる副作用……AST・ALT・γ-GTP上昇/高プロラクチン血症,BUN上昇

<併用してはいけない薬>
非選択的モノアミン酸化酵素阻害薬→高血圧クリーゼがおこることがあります。

<注意して併用すべき薬>
(1)本剤との併用で低血圧がおこる薬剤……麻酔薬(チオペンタールナトリウム)
(2)本剤との併用で降圧作用が強まる薬剤……他の降圧薬(ニフェジピン(カルシウム拮抗薬),グアネチジン硫酸塩)/抗パーキンソン薬(レボドパ(ドパミン前駆物質(レボドパ)))
(3)併用すると本剤の降圧作用を弱める薬剤……鉄剤(硫酸鉄水和物(鉄補給剤))
9ページTOPへ▲

メチルドパの海外評価

5.5点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

メチルドパのプレグナンシー・カテゴリー

PC B プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲