ジアセラL 東和 (硝酸イソソルビド) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

じあせらえる
ジアセラL [処方薬]








【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
心臓病と不整脈の薬/虚血性心疾患の薬
【解説タイトル/一般名】
亜硝酸誘導体 / 硝酸イソソルビド
【剤形/保険薬価】
錠剤 / 20mg 1錠 5.80円
【メーカー】
東和
【先発/ジェネリック】
ジェネリックジェネリック医薬品
【分類】
冠血管拡張薬
【規制】
【使用量と回数】
1回5~10mgを1日3~4回,服用または舌の下で溶かす。狭心発作時は1回5~10mgを舌の下で溶かす。徐放剤の場合は,1回20mgを1日2回。
【識別コード】
20mg 包装コード:Tw. D.L 本体コード:Tw D.L
【その他】
発売年:1963/1
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

ジアセラLの処方目的

[ニトログリセリンの適応症]狭心症心筋梗塞,心臓ぜんそく,アカラシア(食道無弛緩症)の一時的緩解
[ニコランジル,一硝酸イソソルビドの適応症]狭心症
[硝酸イソソルビドの適応症]狭心症心筋梗塞(徐放剤は急性期を除く),その他の虚血性心疾患
9ページTOPへ▲

ジアセラLの解説

爆薬の原料であるニトログリセリンはこのグループの代表的な薬剤で,狭心症の特効薬として用いられますが,作用時間が短いため,近年では亜硝酸化合物の硝酸イソソルビドが多く用いられています。
ニコランジルは,硝酸エステルのニコチン酸誘導体です。既存のものとはタイプが違うといわれていますが,注意・副作用は亜硝酸塩に似ています。ニコランジルの処方目的は狭心症のみで,重い肝疾患がある人は慎重に服用すること,またAST・ALTなどの肝機能検査値が上昇することがあるので定期的に肝機能検査を受けることなどに注意します。
なお,硝酸イソソルビドを狭心症の発作に用いる場合には,のみ込まないで舌下で溶かしてください。
本剤の一部は,テープに滲み込ませて皮膚から吸収させたり(フランドルテープやニトロダームTTSなど),スプレーで吸入させる製剤(ニトロールスプレーなど)も発売されています。
9ページTOPへ▲

ジアセラLの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
*ニコランジル(シグマート)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……ホスホジエステラーゼ5阻害作用のある勃起不全治療薬(シルデナフィルクエン酸塩・バルデナフィル塩酸塩水和物・タダラフィル(シルデナフィルクエン酸塩ほか)),またはグアニル酸シクラーゼ刺激作用のある薬剤(リオシグアト(慢性血栓塞栓性肺高血圧症治療薬))の服用中
(2)慎重に服用すべき場合……重い肝機能障害/緑内障/高齢者
(3)服用開始時……血管拡張作用による拍動性の頭痛がおこることがあります。症状が現れたら,すぐに処方医へ連絡してください。
(4)その他……
・妊婦での安全性:未確立。原則として服用しない。
・小児での安全性:未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
(1)肝機能障害,黄疸。(2)血小板減少。(3)口内潰瘍,舌潰瘍,肛門潰瘍,消化管潰瘍。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(発疹など)
(2)すぐに処方医に連絡する副作用……動悸,顔面紅潮,全身倦怠感,気分不良,胸痛,下肢のむくみ,のぼせ感/頭痛,めまい,耳鳴り,不眠,眠け,舌のしびれ,肩こり/口内炎,悪心,嘔吐,食欲不振,下痢,便秘,胃もたれ,胃部不快感,胃痛,腹痛,腹部膨満感,口角炎,口渇/頸部痛/複視,角膜潰瘍/性器潰瘍/皮膚潰瘍
(3)検査などでわかる副作用……ビリルビン・AST・ALT・AL-P上昇/血小板減少/血中カリウム増加

<併用してはいけない薬>
ホスホジエステラーゼ5阻害作用のある勃起不全治療薬(シルデナフィルクエン酸塩,バルデナフィル塩酸塩水和物,タダラフィル),グアニル酸シクラーゼ刺激作用のある薬剤(リオシグアト)→急激な血圧降下作用がおこることがあります。

<注意して併用すべき薬>
(1)併用すると血圧低下を強める薬剤……[ニトログリセリン]カルシウム拮抗薬,ACE阻害薬,ベーター遮断薬,利尿降圧薬,三環系抗うつ薬,メジャートランキライザー,他の硝酸・亜硝酸エステル系薬剤,アルコール摂取
(2)併用すると本剤の作用を弱める薬剤……[ニトログリセリン]アスピリン
9ページTOPへ▲

ジアセラLの海外評価

5.5点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

ジアセラLのプレグナンシー・カテゴリー

PC C プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲