セディール 大日本住友 (タンドスピロンクエン酸塩) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

せでぃーる
セディール [処方薬]



セディール錠10mg




【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
精神神経科の薬/精神安定薬
【解説タイトル/一般名】
タンドスピロンクエン酸塩 / タンドスピロンクエン酸塩
【剤形/保険薬価】
錠剤 / 5mg 1錠 16.60円
錠剤 / 10mg 1錠 28.80円
錠剤 / 20mg 1錠 49.70円
【メーカー】
大日本住友
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
5-HT1A受容体作動性抗不安薬
【規制】
劇薬
【使用量と回数】
1日30mgを3回に分けて服用。増量する場合は1日60mgまで。
【識別コード】
5mg 包装コード: 034 本体コード: 034
10mg 包装コード: 044 本体コード: 044:10
20mg 包装コード:DS 047 本体コード:DS 047:20
【その他】
保険収載年:1996/9
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

セディールの処方目的

心身症(自律神経失調症,本態性高血圧症,消化性潰瘍)による身体症候ならびに抑うつ,不安,焦燥,睡眠障害/神経症による抑うつ,恐怖
9ページTOPへ▲

セディールの解説

抗不安薬として最も広く使われているベンゾジアゼピン系薬剤(ベンゾジアゼピン系安定薬)とは異なる効き方をするといわれています。
9ページTOPへ▲

セディールの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
*タンドスピロンクエン酸塩(セディール)の添付文書による

(1)慎重に服用すべき場合……脳の器質的障害/中等度または重度の呼吸不全/心機能障害/肝機能障害,腎機能障害/脱水・栄養不良状態などを伴う身体的疲弊のある人/高齢者
(2)危険作業は中止……本剤を服用すると,眠けやめまいなどがおこることがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(3)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
(1)肝機能障害,黄疸。(2)興奮,ミオクローヌス(不規則な不随意運動),発汗,ふるえ,発熱などを主症状とするセロトニン症候群。(3)本剤と抗精神病薬・抗うつ薬などとの併用や,本剤の急激な減量・中止による悪性症候群。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(発疹,じん麻疹,かゆみ)
(2)すぐに処方医に連絡する副作用……眠け,ふらつき,めまい,頭痛,頭重,不眠,パーキンソン様症状,ふるえ,悪夢/動悸,頻脈,胸内苦悶/悪心・嘔吐,食欲不振,口渇,胃部不快感,胃痛,胃のもたれ,腹部膨満感,便秘,下痢/倦怠感,脱力感,気分不快,四肢のしびれ,多汗(発汗,寝汗など),目のかすみ/悪寒,むくみ,ほてり(顔面紅潮,灼熱感など)
(3)検査などでわかる副作用……AST・ALT・AL-P・γ-GTP上昇/尿中NAG上昇,BUN上昇/好酸球増多/CK上昇

<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
(1)併用すると錐体外路(すいたいがいろ)症状が強まることがある薬剤……ブチロフェノン系誘導体(ブチロフェノン系薬剤)(ハロペリドールなど)
(2)併用すると降圧作用が強まることがある薬剤……カルシウム拮抗薬(カルシウム拮抗薬(適応症が高血圧症のみのもの))(ニカルジピン塩酸塩など)
(3)併用するとセロトニン作用が強まるおそれがある薬剤……フルボキサミンマレイン酸塩・パロキセチン塩酸塩水和物(選択的セロトニン再取り込み阻害薬),ミルナシプラン塩酸塩(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬),トラゾドン塩酸塩(トラゾドン塩酸塩
9ページTOPへ▲

セディールの海外評価

0.0点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

セディールのプレグナンシー・カテゴリー

プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲