モトナリン 日薬工=ケミファ (チザニジン塩酸塩) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

もとなりん
モトナリン [処方薬]








【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
痛み・炎症・熱の薬/肩こり・筋肉痛・腰痛の薬
【解説タイトル/一般名】
チザニジン塩酸塩 / チザニジン塩酸塩
【剤形/保険薬価】
錠剤 / 1mg 1錠 5.80円
【メーカー】
日薬工=ケミファ
【先発/ジェネリック】
ジェネリックジェネリック医薬品
【分類】
骨格筋弛緩薬
【規制】
【使用量と回数】
1日3mg(顆粒剤は1.5g)を3回に分けて服用。痙性麻痺の場合は,1日3mg から徐々に6~9mgまで増やして3回に分けて服用。
【識別コード】
1mg 包装コード:NPI 124 A 1 本体コード:NPI 124 A
【その他】
保険収載年:1988/4
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

モトナリンの処方目的

頸肩腕症候群・腰痛症の筋緊張状態の改善/脳血管障害・頸部脊椎症・痙性(けいせい)脊髄麻痺・脳性(小児)麻痺,外傷後遺症(脊髄損傷,頭部外傷)・脊髄小脳変性症・多発性硬化症・筋萎縮性側索硬化症の痙性麻痺
9ページTOPへ▲

モトナリンの解説

構造的には,クロルゾキサゾン(クロルゾキサゾン)の誘導体とも考えられますが,適応症は拡大されています。
9ページTOPへ▲

モトナリンの使用上の注意

<警告>


<基本的注意>
*チザニジン塩酸塩(テルネリン)の添付文書による

(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/フルボキサミン(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)または塩酸シプロフロキサシン(ニューキノロン剤)の服用中/重い肝機能障害
(2)慎重に服用すべき場合……肝機能障害/腎機能障害
(3)血圧低下……服用の初期に,急激な血圧低下による立ちくらみ,めまいなどが現れることがあるので注意してください。
(4)精神依存……動物実験で,精神依存の形成が示唆されたとの報告があります。異常を感じたら,処方医へ連絡してください。
(5)危険作業は中止……本剤を服用すると,眠け,めまい,低血圧などがおこることがあります。服用中は,自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないようにしてください。
(6)その他……
・妊婦での安全性:有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
(1)投与初期の急激な血圧低下。(2)ショック(血圧低下,徐脈,顔面蒼白,冷汗,呼吸困難など)。(3)心不全(心肥大,肺水腫など)。(4)呼吸障害(喘鳴(ぜんめい),ぜんそく発作,呼吸困難など)。(5)肝炎,肝機能障害,黄疸(悪心・嘔吐,食欲不振,全身倦怠感など)
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……アレルギー症状(発疹,皮膚のかゆみ)/尿閉
(2)次回,受診した際に処方医に伝える副作用……失神,徐脈,動悸/幻覚,錯乱,眠け,頭痛・頭重感,めまい・ふらつき,知覚異常(しびれ感など),構音障害(ろれつがまわらないなど),不眠/口渇,悪心,食欲不振,胃部不快感,腹痛,下痢,胃もたれ,便秘,口内炎,舌のあれ,口中苦味感,よだれ/眼瞼下垂,脱力・倦怠感,むくみ,尿閉,霧視
(3)検査などでわかる副作用……血圧低下/AST・ALT・AL-Pの上昇

<併用してはいけない薬>
フルボキサミン(選択的セロトニン再取り込み阻害薬),塩酸シプロフロキサシン(ニューキノロン剤)→本剤の血中濃度が上昇し,著しい血圧低下,傾眠,めまい,精神運動能力の低下がおこることがあります。

<注意して併用すべき薬>
(1)併用すると本剤の血中濃度が上昇し副作用が強まるおそれがある薬剤……抗不整脈剤(アミオダロン塩酸塩(アミオダロン塩酸塩),メキシレチン塩酸塩(メキシレチン塩酸塩),プロパフェノン塩酸塩(プロパフェノン塩酸塩)),シメチジン(ヒスタミンH2受容体拮抗薬),ニューキノロン系抗菌剤(エノキサシン水和物・ノルフロキサシン(ニューキノロン剤)),黄体・卵胞ホルモン剤(経口避妊薬(低用量ピル)),チクロピジン塩酸塩(チクロピジン塩酸塩
(2)併用すると本剤の作用が弱まることがある薬剤など……CYP1A2を誘導する薬剤(リファンピシン(リファンピシン))/喫煙
(3)併用すると低血圧,徐脈が現れることがある薬剤……降圧薬
(4)併用すると眠けが強まるおそれがある薬剤など……中枢神経抑制薬/飲酒
9ページTOPへ▲

モトナリンの海外評価

5.0点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

モトナリンのプレグナンシー・カテゴリー

PC C プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲