アラバ サノフィ (レフルノミド) [処方薬] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

あらば
アラバ [処方薬]








【種別】
内服薬
【大分類/中分類】
痛み・炎症・熱の薬/リウマチ・痛風の薬
【解説タイトル/一般名】
レフルノミド / レフルノミド
【剤形/保険薬価】
錠剤 / 10mg 1錠 177.70円
錠剤 / 20mg 1錠 309.60円
錠剤 / 100mg 1錠 1,060.00円
【メーカー】
サノフィ
【先発/ジェネリック】
先発品
【分類】
抗リウマチ薬
【規制】
劇薬
【使用量と回数】
1日1回100mgを3日間。その後,1日1回20mg,症状や体重により適宜1日1回10mgに減量。
【識別コード】
10mg 包装コード:ZBN 10 本体コード:ZBN
100mg 包装コード:ZBP 100 本体コード:ZBP
20mg 包装コード:ZBO 20 本体コード:ZBO
【その他】
保険収載年:2003/9
9ページTOPへ▲



1処方目的 2解説
3使用上の注意
4海外評価
5プレグナンシー・カテゴリー
7サイト内検索(キーワード検索)

アラバの処方目的

関節リウマチ
9ページTOPへ▲

アラバの解説

海外での臨床試験データが日本でも適応可能と認められ,日本での第Ⅲ相臨床試験を実施することなく承認された薬品です。
9ページTOPへ▲

アラバの使用上の注意

<警告>
(1)本剤の服用中に,間質性肺炎,汎血球減少症,肝不全,急性肝壊死,感染症などにより死に至った例が報告されています。
(2)肝毒性,血液毒性または免疫抑制作用を持つ薬剤を最近まで服用されていたか,または服用中の人では,副作用の発現が増加するおそれがあります。
(3)本剤は,緊急時に十分に措置できる医療施設で,本剤の危険性や服用期間が長期にわたることを十分に納得したうえで,リウマチ治療の専門医師と緊密に連絡をとりながら服用してください。服用中,特に発熱,発疹,皮膚のかゆみ,口内炎,倦怠感,黄疸,せき,呼吸困難などの症状が現れたら,ただちに処方医へ連絡してください。

<基本的注意>
(1)服用してはいけない場合……本剤の成分に対するアレルギーの前歴/慢性肝疾患/活動性結核/妊婦または妊娠している可能性のある人,授乳婦
(2)慎重に服用すべき場合……貧血,白血球減少症,血小板減少症,骨髄機能の低下している人,骨髄抑制のおこりやすい人/肝疾患の前歴/肝毒性・血液毒性・免疫抑制作用のある薬剤を最近まで服用していたか,または現在服用中/腎機能障害/重症感染症,重症免疫不全(AIDSなど)/間質性肺炎・肺線維症などの肺障害,日和見感染による肺炎またはそれらの前歴/結核の既感染者(特に結核の前歴のある人,胸部X線検査で結核治癒所見のある人)/B型・C型肝炎ウイルスのキャリアおよび既感染者
(3)服用法……本剤は多めの水(150mL以上)で噛まずに服用してください。
(4)効果の発現……本剤は,ふつう効果が現れるまで2週間~3カ月かかるため,少なくとも3カ月以上は服用します。あせらずに処方医の指示にしたがってください。
(5)定期検査……重い肝機能障害(肝不全,急性肝壊死など)や骨髄抑制の重い副作用などがおこることがあるので,服用開始後6カ月間は定期的に肝機能や血液の検査,血圧測定を受ける必要があります。
(6)生ワクチン……本剤服用中の生ワクチンの接種は安全性が確認されていないので,服用中は接種しないでください。
(7)禁酒……アルコールによる肝機能障害を助長させるおそれがあります。服用中は禁酒するようにしてください。
(8)避妊……妊娠する可能性のある人は,服用中および服用終了後,安全な妊娠が可能になるまで避妊してください。妊娠を希望する人は服用を中止します。男性の場合も,服用中は避妊してください。
(9)その他……
・小児での安全性:未確立。(「薬の知識」共通事項のみかた

<重大な副作用>
(1)アナフィラキシー(顔面蒼白,四肢冷感,血圧低下,チアノーゼ,呼吸困難など)。(2)皮膚粘膜眼症候群(スティブンス-ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症(TEN)。(3)汎血球減少症。(4)肝炎,肝機能障害,黄疸,致死的な肝不全,急性肝壊死。(5)致死的な感染症(肺炎),敗血症,日和見感染。(6)結核。(7)致死的な間質性肺炎(発熱,せき,呼吸困難など)。(8)重い膵炎。
そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

<その他の副作用>
(1)服用を中止し,すぐに処方医に連絡する副作用……末梢性ニューロパシー
(2)次回,受診した際に処方医に伝える副作用……下痢,吐きけ・嘔吐,腹痛,食欲不振,口腔内潰瘍形成,口内炎,消化不良,胃腸障害,便秘,胃炎,腹部膨満/胸痛/貧血/頭痛,めまい,口内乾燥,多汗,感覚異常,不安/皮膚エリテマトーデス,膿疱性乾癬,脱毛症,発疹,かゆみ,爪の障害,皮膚乾燥,じん麻疹/上気道感染,気管支炎,せきの増加,鼻炎/尿路感染,月経障害/体重減少,無力症,発熱,味覚障害,血管炎,末梢性ニューロパシー
(3)検査などでわかる副作用……γ-GTP・AL-P・ALT・AST・LDH・ビリルビン上昇/血圧上昇/白血球減少症,好酸球増多症,血小板減少症/低カリウム血症,高脂血症/尿沈渣異常,タンパク尿

<併用してはいけない薬>
併用してはいけない薬は特にありません。ただし,併用する薬があるときは,念のため処方医・薬剤師に報告してください。

<注意して併用すべき薬>
(1)併用すると本剤の作用を強める薬剤……リファンピシン(リファンピシン
(2)併用すると本剤の作用を弱める薬剤……コレスチラミン(コレスチラミン),薬用炭(薬用炭
(3)併用に注意すべきその他の薬剤……ワルファリンカリウム(ワルファリンカリウム),副腎皮質ステロイド薬(副腎皮質ステロイド薬),抗リウマチ薬(メトトレキサート(メトトレキサート)など),免疫抑制剤
9ページTOPへ▲

アラバの海外評価

5.5点 英 米 独 仏 海外評価とは
9ページTOPへ▲

アラバのプレグナンシー・カテゴリー

PC X プレグナンシー・カテゴリーとは


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲