NewマイティアCLアイスリフレッシュ 15ml 外用液剤15ml 武田コンシューマーヘルスケア 1個 [市販薬] お薬検索[薬事典] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

持続する爽快クール
NewマイティアCLアイスリフレッシュ 15ml [市販薬]



NewマイティアCLアイスリフレッシュ 15ml

【医薬品分類】
第3類医薬品
【商品区分】
一般用医薬品 / 兼用
【剤形/内容量】
外用液剤 / 15ml
【メーカー】
武田コンシューマーヘルスケア
【希望小売価格/発売開始日】
680円+税 / 2018/06/26
【共通商品コード】
4987910710334 (JANコード)
【セルフメディケーション税控除】
【その他】
最終更新日:2018/06/28
9ページTOPへ▲



1効能・効果 2用法・用量
3成分・分量
4使用上の注意
5保管方法 6特徴
7サイト内検索(キーワード検索)

NewマイティアCLアイスリフレッシュ 15mlの効能・効果

ソフトコンタクトレンズまたはハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感、涙液の補助(目のかわき)、目の疲れ、目のかすみ(目やにの多いときなど)
9ページTOPへ▲

NewマイティアCLアイスリフレッシュ 15mlの用法・用量

1回2~3滴を1日5~6回点眼してください。

(1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。
(2)容器の先を目、まぶた、まつ毛に触れさせないこと(目やにやその他異物等が混入することで、薬液が汚染あるいは混濁することがある)。
また、混濁したものは使用しないこと。
(3)点眼用にのみ使用すること。
(4)用法・用量を厳守すること。
9ページTOPへ▲

NewマイティアCLアイスリフレッシュ 15mlの成分・分量

1mL中
成分・・・分量
L-アスパラギン酸カリウム・・・1mg
塩化ナトリウム・・・1mg
塩化カリウム・・・1mg

添加物:ホウ酸、ホウ砂、クエン酸ナトリウム水和物、エデト酸ナトリウム水和物、ヒプロメロース、ポリソルベート80、l-メントール、クロロブタノール、pH調節剤
9ページTOPへ▲

NewマイティアCLアイスリフレッシュ 15mlの使用上の注意

<してはいけないこと>

<相談すること>
1.次の人は使用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)次の症状のある人。
はげしい目の痛み
(4)次の診断を受けた人。
緑内障
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
関係部位・・・症状
皮膚・・・発疹・発赤、かゆみ
目・・・充血、かゆみ、はれ
3.次の場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
(1)目のかすみが改善されない場合
(2)ハードコンタクトレンズ装着の人で、目やになどの分泌物が多く、レンズがくもった場合
(3)2週間位使用しても症状がよくならない場合
9ページTOPへ▲

NewマイティアCLアイスリフレッシュ 15mlの保管方法

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管すること。特に自動車内や暖房器具の近くなど、高温となるおそれのある場所に放置しないこと。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。
(誤用の原因になったり、品質が変わる。)
(4)容器に他のものを入れて使用しないこと。
(5)他の人と共用しないこと。
(6)使用期限を過ぎた製品は使用しないこと。
また、使用期限内であっても、内袋開封後はすみやかに使用すること。
(7)保存の状態によっては、容器の先周囲やキャップの内側に薬液中の成分の結晶が付くことがある。このような場合には清潔なガーゼで軽くふき取って使用すること。
9ページTOPへ▲

NewマイティアCLアイスリフレッシュ 15mlの特徴

●すべてのコンタクトレンズ(ソフト・ハード・O2・使い捨て)を装着したまま使用いただけます。
●コンタクトレンズを装着されていない方も使用いただけます。
●配合を工夫した処方設計により、氷のように冷たいクール感の持続を実現。角膜に酸素を取り入れる新陳代謝促進成分(L-アスパラギン酸カリウム)配合。コンタクトレンズによるつらい目の疲れ・かわきによく効きます。
●わずかに粘性がある無色澄明の目薬です。


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲