ケイシカレイジュツ錠 380錠 錠剤380錠 日邦薬品工業 1個 [市販薬] お薬検索[薬事典] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

本剤は、茶褐色の素錠で、特有のにおいと味があります。
ケイシカレイジュツ錠 380錠 [市販薬]



ケイシカレイジュツ錠 380錠

【医薬品分類】
第2類医薬品
【商品区分】
一般用医薬品 / 兼用
【剤形/内容量】
錠剤 / 380錠
【メーカー】
日邦薬品工業
【希望小売価格/発売開始日】
3000円+税 / 1899/12/31
【共通商品コード】
4976084092025 (JANコード)
【セルフメディケーション税控除】
【その他】
最終更新日:2015/09/28
9ページTOPへ▲



1効能・効果 2用法・用量
3成分・分量
4使用上の注意
5保管方法 6特徴
7サイト内検索(キーワード検索)

ケイシカレイジュツ錠 380錠の効能・効果

悪寒をおぼえ尿が快通せず、四肢の屈伸が困難な人の神経痛、リウマチ、腰痛、関節炎、肩のこり
9ページTOPへ▲

ケイシカレイジュツ錠 380錠の用法・用量

大人は1回に8錠ずつ、1日3回食前または食間に、水または白湯にて服用してください。
小児用量は、
    15歳以下8歳まで 1回4錠   4歳以下2歳まで 1回2錠
     7歳以下5歳まで 1回3錠

また服用に際して、次のことに注意してください。
●定められた用法、用量を厳守してください。
●小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
●幼児に服用させる場合には、薬剤がのどにつかえることのないよう、よく注意してください。
9ページTOPへ▲

ケイシカレイジュツ錠 380錠の成分・分量

本剤は大人1日の服用量24錠中に次の成分を含んでいます。
日局ケイヒ・・・・・・0.6g  日局ブクリョウ・・・・・0.9g
日局シャクヤク・・・・0.8g  日局ビャクジュツ・・・・1.0g
日局ショウキョウ・・・0.3g  日局カンゾウ・・・・・・0.2g
日局ケイヒ 0.8g、日局シャクヤク 1.3g、日局ショウキョウ 0.6g、日局ブクリョウ 1.3g、日局ビャクジュツ 1.3g、日局タイソウ 0.8g、日局カンゾウ 0.8gの水製乾燥エキス・・・1.0g

9ページTOPへ▲

ケイシカレイジュツ錠 380錠の使用上の注意

<してはいけないこと>

<相談すること>
1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦または妊娠していると思われる人。
 (3)高齢者。
 (4)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみなどを起こしたことがある人。
 (5)次の症状のある人。 むくみ
 (6)次の診断を受けた人。 高血圧、心臓病、腎臓病
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。
   〔関係部位〕    〔症  状〕
    皮膚    : 発疹・発赤、かゆみ
 まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
 〔症状の名称〕偽アルドステロン症、ミオパチー
 〔症   状〕手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、
        筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
3.1ヶ月くらい服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。
4.長期連用する場合には、医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。
9ページTOPへ▲

ケイシカレイジュツ錠 380錠の保管方法

(1)お子さまの手のとどかない所に保管してください。
(2)品質を保つため、直射日光をさけ、涼しい所に保管してください。
(3)誤った用い方をさけ、品質を保つために、他の容器に入れかえないでください。
9ページTOPへ▲

ケイシカレイジュツ錠 380錠の特徴

神経痛、関節炎、リウマチ
 これらの病気は、共通して、冷たい風にさらされたり、冷えたり、天気の変化に伴い、気圧・湿度が変わると症状が増悪して痛みが増すことがあります。漢方では、その人の体質的素因により、体力の強い人と弱い人を区別し、それぞれに合った薬方をお奨めしています。ケイシカレイジュツは体力が弱い人に用いられる処方です。(詳しくは下記の「次の体質の人に」と「次の症状の人に」をお読み下さい)

製品の特徴
本剤は、茶褐色の素錠で、特有のにおいと味があります。


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲