コレスゲン 240cp カプセル剤240cp 日邦薬品工業 1個 [市販薬] お薬検索[薬事典] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

高コレステロールの改善に・・・
コレスゲン 240cp [市販薬]



コレスゲン 240cp

【医薬品分類】
第3類医薬品
【商品区分】
一般用医薬品 / 大人用(15歳以上)
【剤形/内容量】
カプセル剤 / 240cp
【メーカー】
日邦薬品工業
【希望小売価格/発売開始日】
7000円+税 / 2008/03/31
【共通商品コード】
4976084070108 (JANコード)
【セルフメディケーション税控除】
対象
【その他】
最終更新日:2017/08/24
9ページTOPへ▲



1効能・効果 2用法・用量
3成分・分量
4使用上の注意
5保管方法 6特徴
7サイト内検索(キーワード検索)

コレスゲン 240cpの効能・効果

血清高コレステロールの改善
血清高コレステロールに伴う末梢血行障害(手足の冷え・しびれ)の緩和
9ページTOPへ▲

コレスゲン 240cpの用法・用量

次の量を食後に水又はぬるま湯で服用してください
 〔年    齢〕 成人(15才以上)
 〔1回服用量 〕 2カプセル
 〔1日服用回数〕 3回

 〔年    齢〕 15才未満
 〔1回服用量 〕 服用しないこと
 〔1日服用回数〕 服用しないこと

<用法・用量に関連する注意>
(1)定められた用法・用量を厳守してください
(2)血清高コレステロールの改善には食事療法が大切なので,本剤を服用しても食事療法を行ってください
(3)カプセルの取り出し方
   カプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して,裏面のアルミ箔を破り,取り出して服用してください
   (誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等,思わぬ事故につながります)
9ページTOPへ▲

コレスゲン 240cpの成分・分量

成人1日量(6カプセル)中に次の成分を含んでいます
 〔成  分〕 パンテチン(80%パンテチン水溶液)
 〔分  量〕 375mg
 〔はたらき〕 肝臓におけるコレステロール代謝の促進により,血液中の過剰なコ
        レステロールを減少させ,血管壁への沈着を抑えます

 〔成  分〕 大豆油不けん化物
 〔分  量〕 600mg
 〔はたらき〕 大豆由来の成分で,小腸からのコレステロールの吸収を妨げ,排泄
        を促進します

 〔成  分〕 酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)
 〔分  量〕 100mg
 〔はたらき〕 抗酸化作用により,過酸化脂質の生成を抑制し,末梢血行障害を改
        善します

添加物としてポリソルベート80,サフラワー油,カプセルにゼラチン,グリセリン,D-ソルビトール,サンセットイエローFCF,酸化チタンを含んでいます
9ページTOPへ▲

コレスゲン 240cpの使用上の注意

<してはいけないこと>

<相談すること>
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
 (1)医師の治療を受けている人
 (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
   〔関係部位〕   〔症  状〕
     皮 膚  : 発疹・発赤,かゆみ
     消化器  : 吐き気,胃部不快感,胸やけ,食欲不振,腹痛
3.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
   下痢,軟便
4.1ヵ月位服用してもコレステロール値の改善が見られない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください(1ヵ月ほど服用後,医療機関でコレステロール値の測定をしてください)
5.服用後,生理が予定より早くきたり,経血量がやや多くなったりすることがあります.出血が長く続く場合は,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
9ページTOPへ▲

コレスゲン 240cpの保管方法

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください
(2)小児の手の届かない所に保管してください
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)使用期限をすぎた製品は服用しないでください
9ページTOPへ▲

コレスゲン 240cpの特徴

 『コレスゲン』は,血清高コレステロールを改善し,また,血清高コレステロールにより生じる手足の冷え・しびれを緩和する医薬品です.
 パンテチンは,肝臓におけるコレステロール代謝の促進により,血液中の過剰なコレステロールを減少させ,血管壁への沈着を抑えます.酢酸d-α-トコフェロールは過酸化脂質の生成を抑え,大豆油不けん化物は小腸からのコレステロールの吸収を抑えます.
 『コレスゲン』はこれら3種の成分の働きにより効果を発揮します.


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲