れいめいしん液 10ml×5本 内用液剤10ml 日邦薬品工業 5本 [市販薬] お薬検索[薬事典] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

牛黄チンキ・西洋サンザシエキス配合
れいめいしん液 10ml×5本 [市販薬]



れいめいしん液 10ml×5本

【医薬品分類】
第2類医薬品
【商品区分】
一般用医薬品 / 大人用(15歳以上)
【剤形/内容量】
内用液剤 / 10ml
【メーカー】
日邦薬品工業
【希望小売価格/発売開始日】
2500円+税 / 1993/11/01
【共通商品コード】
4976084017028 (JANコード)
【セルフメディケーション税控除】
【その他】
最終更新日:2009/09/25
9ページTOPへ▲



1効能・効果 2用法・用量
3成分・分量
4使用上の注意
5保管方法 6特徴
7サイト内検索(キーワード検索)

れいめいしん液 10ml×5本の効能・効果

○肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期など
の場合の栄養補給○滋養強壮○虚弱体質
9ページTOPへ▲

れいめいしん液 10ml×5本の用法・用量

 〔 年  齢 〕 大人(15才以上)
 〔1 回 量 〕 1ビン(10mL)
 〔1日服用回数〕 朝夕2回

 〔 年  齢 〕 15才未満
 〔1 回 量 〕 服用しないこと
 〔1日服用回数〕 服用しないこと

用法・用量を厳守すること。
9ページTOPへ▲

れいめいしん液 10ml×5本の成分・分量

1日量(2ビン 20mL)中
〔成 分〕                〔含 量〕
 ゴオウチンキ               2mL
                    (ゴオウとして20mg)
 セイヨウサンザシエキス         50mg
                    (セイヨウサンザシとして250mg)
 コウジンエキス(コウジン乾燥エキス)  60mg
                    (コウジンとして600mg)
 シベットチンキ           0.02mL
                    (シベトールとして1mg)
 タウリン               600mg
 リボフラビンリン酸エステルナトリウム   3mg
(ビタミンB2)
 ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)   25mg
 無水カフェイン             50mg

(アルコール1.3mL以下)

添加物として白糖、D-ソルビトール、クエン酸水和物、酒石酸、メタリン酸Na、
ポリリン酸Na、安息香酸Na、パラベン、カラメル、香料、エタノールを含有します。

(1)本剤の服用により尿が黄色くなることがありますが、
   リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2)を含有するためですから、
   ご心配ありません。
(2)生薬を配合していますので、まれに沈澱を生じることがありますが、
   薬効には影響ありません。よく振ってから服用してください。
9ページTOPへ▲

れいめいしん液 10ml×5本の使用上の注意

<してはいけないこと>

<相談すること>
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
  医師の治療を受けている人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、
  この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
  〔関係部位〕   〔症  状〕
   皮膚       発疹・発赤、かゆみ
   消化器      吐き気・嘔吐、胃痛
3.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って
  医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
9ページTOPへ▲

れいめいしん液 10ml×5本の保管方法

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。
9ページTOPへ▲

れいめいしん液 10ml×5本の特徴

れいめいしん液は、肉体疲労あるいは滋養強壮等に効果のある4種の生薬抽出物に
身体の代謝を促進するリボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2)・
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)等を配合した飲みやすい液剤で、
疲れた時等の栄養補助剤として、また滋養強壮剤としてすぐれた効果があります。


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲