コールカップCa 500ml×3本 内用液剤3本 日邦薬品工業 1箱 [市販薬] お薬検索[薬事典] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

カルシウムを主たる有効成分とする保健薬
コールカップCa 500ml×3本 [市販薬]



コールカップCa 500ml×3本

【医薬品分類】
【商品区分】
指定医薬部外品 / 兼用
【剤形/内容量】
内用液剤 / 3本
【メーカー】
日邦薬品工業
【希望小売価格/発売開始日】
6800円+税 / 1899/12/31
【共通商品コード】
4976084016618 (JANコード)
【セルフメディケーション税控除】
【その他】
最終更新日:2011/08/23
9ページTOPへ▲



1効能・効果 2用法・用量
3成分・分量
4使用上の注意
5保管方法 6特徴
7サイト内検索(キーワード検索)

コールカップCa 500ml×3本の効能・効果

○次の場合の骨歯の発育促進:虚弱体質、腺病質※
○妊娠授乳婦の骨歯の脆弱防止
※「腺病質」とは、体格繊細、貧血などになりやすい虚弱・無力体質を示します。
9ページTOPへ▲

コールカップCa 500ml×3本の用法・用量

 〔 年  齢 〕 大人(15才以上)
 〔1 回 量 〕 25mL
 〔1日服用回数〕 1~2回

 〔 年  齢 〕 11才以上15才未満
 〔1 回 量 〕 13mL
 〔1日服用回数〕 1~2回

 〔 年  齢 〕 7才以上11才未満
 〔1 回 量 〕 10mL
 〔1日服用回数〕 1~2回

 〔 年  齢 〕 3才以上7才未満
 〔1 回 量 〕 5mL
 〔1日服用回数〕 1~2回

 〔 年  齢 〕 1才以上3才未満
 〔1 回 量 〕 3.5mL
 〔1日服用回数〕 1~2回

 〔 年  齢 〕 1才未満
 〔1 回 量 〕 服用しないこと
 〔1日服用回数〕 服用しないこと
※添付の計量コップをご使用下さい。

<用法・用量に関連する注意>
(1)用法・用量を守ること。(他のカルシウムを含有する製品を同時に使用する
   場合には、過剰摂取等に注意すること。)
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。
(3)ビンに直接口をつけて飲まないこと。
(4)計量コップに注いだ薬液にビンを戻さないこと。
(5)開栓後、味・においに明らかな変化があり異常を感じた場合は、直ちに
   服用を中止すること。
9ページTOPへ▲

コールカップCa 500ml×3本の成分・分量

1日量(50mL)中
〔成  分〕          〔含  量〕
グルコン酸カルシウム水和物・・・3,750mg
(カルシウム(Ca2+)として335.2mg)

添加物として白糖、D-ソルビトール、クエン酸水和物、希塩酸、
安息香酸Na、パラベン、香料を含有します。

<成分・分量に関連する注意>
気温や液温等により多少の色、味、香り等が異なる場合があります。
9ページTOPへ▲

コールカップCa 500ml×3本の使用上の注意

<してはいけないこと>

<相談すること>
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること
   医師の治療を受けている人
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は
  薬剤師に相談すること
   服用後、次の症状があらわれた場合
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮   ふ : 発疹・発赤、かゆみ
    消 化 器 : 悪心・嘔吐、胃部膨満感

3.次の症状があらわれることがあるので、このような症状の継続又は
  増強が見られた場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談
  すること
   軟便、下痢、便秘
4.長期連用する場合には、医師又は薬剤師に相談すること
9ページTOPへ▲

コールカップCa 500ml×3本の保管方法

(1)直射日光の当たらない室温の所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。また、使用期限内であっても、
   開栓後は品質を保持するため用法・用量を守りなるべく早く服用すること。
(5)薬液を添付の計量コップに注いだ後は、ビンの口をよく拭いて清潔にすること。
   また、使用した計量コップは、その都度、水でよく洗うこと。
(6)水およびその他の異物が混入しないように注意すること。
9ページTOPへ▲

コールカップCa 500ml×3本の特徴

コールカップCaは、液体タイプの分割カルシウム剤です。


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲