アスゲン長城清心丸 1丸×10個 丸剤10個 日邦薬品工業 1個 [市販薬] お薬検索[薬事典] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

滋養強壮薬
アスゲン長城清心丸 1丸×10個 [市販薬]



アスゲン長城清心丸 1丸×10個

【医薬品分類】
第2類医薬品
【商品区分】
一般用医薬品 / 兼用
【剤形/内容量】
丸剤 / 10個
【メーカー】
日邦薬品工業
【希望小売価格/発売開始日】
36000円+税 / 2017/06/01
【共通商品コード】
4976084015970 (JANコード)
【セルフメディケーション税控除】
【その他】
最終更新日:2017/09/29
9ページTOPへ▲



1効能・効果 2用法・用量
3成分・分量
4使用上の注意
5保管方法 6特徴
7サイト内検索(キーワード検索)

アスゲン長城清心丸 1丸×10個の効能・効果

次の場合の滋養強壮
虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振
9ページTOPへ▲

アスゲン長城清心丸 1丸×10個の用法・用量

下記1回量を食間空腹時に1日2回、用時、小さく切って服用してください。
 〔年   齢〕 大人(15歳以上)
 〔1 回 量〕 1丸

 〔年   齢〕 8歳以上15歳未満
 〔1 回 量〕 1/2丸

 〔年   齢〕 8歳未満
 〔1 回 量〕 服用しないこと

<用法・用量に関連する注意>
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)本剤の白色円球容器は、プラスチック製容器の上にロウ引きしたもので出来ています。誤ってそのまま服用すると危険です。必ず容器から内容薬を取り出してセロファンをはがし金箔のまま小さく切って服用してください。
(4)内容薬の取り出し方は、刻印を横にして親指と人差し指の間にはさみ強く力を入れて割ってください。
9ページTOPへ▲

アスゲン長城清心丸 1丸×10個の成分・分量

1丸(4.8g)中に、次の成分を含有します。
 〔成  分〕                     〔分  量〕
 ゴオウ(牛黄)                     300mg
 カンゾウ(甘草)                    300mg
 レイヨウカク(羚羊角)                 270mg
 ニンジン(人参)                    300mg
 シャクヤク(芍薬)                   240mg
 ケイヒ(桂皮)                     180mg
 ボウフウ(防風)                    180mg
 センキュウ(川キュウ)                 180mg
 トウキ(当帰)                     180mg
 アキョウ(阿膠)                    210mg
 リュウノウ(竜脳)                  57.5mg

添加物として、ハチミツ、金箔を含有します。
9ページTOPへ▲

アスゲン長城清心丸 1丸×10個の使用上の注意

<してはいけないこと>

<相談すること>
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
 (3)薬などにより、アレルギー症状(発疹・発赤、かゆみ等)を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮膚    : 発疹・発赤、かゆみ
    消化器   : 吐き気・嘔吐
3.しばらくの間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
9ページTOPへ▲

アスゲン長城清心丸 1丸×10個の保管方法

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
   (誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
9ページTOPへ▲

アスゲン長城清心丸 1丸×10個の特徴

 長城清心丸は、ゴオウ(牛黄)を主剤とし、人参、羚羊角など11種の生薬に、蜂蜜を加えて丸剤とし、金箔を施した滋養強壮薬です。


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲