ハイ-ブリルS 300錠 錠剤300錠 日邦薬品工業 1個 [市販薬] お薬検索[薬事典] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

クロレラ配合カルシウム剤
ハイ-ブリルS 300錠 [市販薬]



ハイ-ブリルS 300錠

【医薬品分類】
第2類医薬品
【商品区分】
一般用医薬品 / 兼用
【剤形/内容量】
錠剤 / 300錠
【メーカー】
日邦薬品工業
【希望小売価格/発売開始日】
3900円+税 / 2006/09/01
【共通商品コード】
4976084012634 (JANコード)
【セルフメディケーション税控除】
【その他】
最終更新日:2013/11/29
9ページTOPへ▲



1効能・効果 2用法・用量
3成分・分量
4使用上の注意
5保管方法 6特徴
7サイト内検索(キーワード検索)

ハイ-ブリルS 300錠の効能・効果

次の場合のカルシウムの補給:妊娠・授乳期,発育期,老年期
9ページTOPへ▲

ハイ-ブリルS 300錠の用法・用量

次の服用量を1日3回服用してください.
 〔 年  齢 〕 成人(15才以上)
 〔1 回 量 〕 3錠

 〔 年  齢 〕 11才以上15才未満
 〔1 回 量 〕 2錠

 〔 年  齢 〕 5才以上11才未満
 〔1 回 量 〕 1錠

 〔 年  齢 〕 5才未満
 〔1 回 量 〕 服用しないこと

<用法・用量に関する注意>
(1)定められた用法・用量を守ってください.
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください.
9ページTOPへ▲

ハイ-ブリルS 300錠の成分・分量

9錠(1日量)中に次の成分・分量を含んでいます.
     〔成  分〕              〔分量(9錠中)〕
沈降炭酸カルシウム・・・・・・・・・・・1375mg(Caとして550mg)
炭酸マグネシウム・・・・・・・・・・・118.4mg(Mgとして30mg)
タウリン・・・・・・・・・・・・・・・・・200mg
リボフラビン(V.B2)・・・・・・・・・・10mg
ピリドキシン塩酸塩(V.B6)・・・・・・・10mg
アスコルビン酸(V.C)・・・・・・・・・100mg
コレカルシフェロール(V.D3)・・・200I.U.
コハク酸d-α-トコフェロール(V.E)・・25mg

添加物:クロレラ,エチルセルロース,中鎖脂肪酸トリグリセリド,
モノラウリン酸ソルビタン,ゼラチン,白糖,セルロース,
CMC-Ca,ステアリン酸Mg

・本剤の服用により尿が黄色くなることがありますが,
リボフラビン(ビタミンB2)によるものですから,心配ありません.
9ページTOPへ▲

ハイ-ブリルS 300錠の使用上の注意

<してはいけないこと>

<相談すること>
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
  医師の治療を受けている人.
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮膚    : かゆみ
    消化器   : 吐き気・嘔吐,胃部不快感
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
   便秘
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
9ページTOPへ▲

ハイ-ブリルS 300錠の保管方法

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して
   ください.
(2)小児の手のとどかない所に保管してください.
(3)他の容器に入れ替えないでください.
   (誤用の原因になったり品質が変わることがあります.)
(4)使用期限(外箱に記載)をすぎた製品は服用しないでください.
9ページTOPへ▲

ハイ-ブリルS 300錠の特徴

カルシウムは約99%が骨や歯に存在し,残りは血液中または筋肉に存在します.
そして特に骨は発育期から25~30才までに造られてしまいますので
若いうちに充分に骨を造り,それ以後は骨からカルシウムを流出しないように
補給に注意しなければなりません.
 【カルシウムの主な働き】
   ◎骨格や歯を形成する       ◎神経の伝達に関与する
   ◎血液の凝固に関与する      ◎筋肉の収縮に関与する

ハイ-ブリルSの特長
 ○カルシウム含量が高く吸収のよい沈降炭酸カルシウムを使用
 ○カルシウムとの相互作用によって,骨や歯を形成する
  マグネシウムを配合
 ○カルシウムの吸収を助けるタウリン・ビタミンD3を配合
 ○新陳代謝を高め,健康維持や栄養補給に必要なビタミン
 (B2,B6,E)を配合
 ○骨形成に必要なコラーゲンの合成と,骨芽細胞(骨をつくる細胞)
  の増殖を促進するビタミンCを配合
 ○添加物として,クロレラを配合


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲