新タウロメートE 240cp カプセル剤240cp 日邦薬品工業 1個 [市販薬] お薬検索[薬事典] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

肩・首のこり・手足のしびれ、手足の冷え
新タウロメートE 240cp [市販薬]



新タウロメートE 240cp

【医薬品分類】
第3類医薬品
【商品区分】
一般用医薬品 / 大人用(15歳以上)
【剤形/内容量】
カプセル剤 / 240cp
【メーカー】
日邦薬品工業
【希望小売価格/発売開始日】
9000円+税 / 2002/04/01
【共通商品コード】
4976084010166 (JANコード)
【セルフメディケーション税控除】
【その他】
最終更新日:2011/10/21
9ページTOPへ▲



1効能・効果 2用法・用量
3成分・分量
4使用上の注意
5保管方法 6特徴
7サイト内検索(キーワード検索)

新タウロメートE 240cpの効能・効果

末梢血行障害による次の諸症状の緩和:肩・首すじのこり,手足のしびれ・冷え,しもやけ
更年期における次の諸症状の緩和:肩・首すじのこり,冷え,手足のしびれ,のぼせ,
月経不順
ただし、これらの症状について,1ヵ月ほど使用しても改善がみられない場合は,
医師又は薬剤師にご相談ください.
次の場合のビタミンEの補給:老年期
9ページTOPへ▲

新タウロメートE 240cpの用法・用量

次の服用量を1日1~3回服用してください.
   〔  年   齢  〕 成人(15才以上)
   〔  1 回 量  〕 1カプセル
   〔1日2回服用の場合〕 朝,夕
   〔1日3回服用の場合〕 朝,昼,晩

   〔  年   齢  〕 15才未満
   〔  1 回 量  〕 服用しないこと
   〔1日2回服用の場合〕 服用しないこと
   〔1日3回服用の場合〕 服用しないこと
9ページTOPへ▲

新タウロメートE 240cpの成分・分量

3カプセル(1日量)中に次の成分・分量を含んでいます.
  〔成  分〕      〔分量(3カプセル中)〕
d-α-トコフェロール      300mg

添加物:サフラワー油,ゼラチン,D-ソルビトール,グリセリン
9ページTOPへ▲

新タウロメートE 240cpの使用上の注意

<してはいけないこと>

<相談すること>
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人.
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人.
2.服用後,次の症状があらわれた場合は直ちに服用を中止し,この文書を持って
  医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

      〔関係部位〕  :  〔症  状〕
       皮 膚    :   発疹・発赤,かゆみ
       消化器    :   胃部不快感

3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は
  増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って
  医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
   便秘,下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って
  医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
5.服用後,生理が予定より早くきたり,経血量がやや多くなったりすることがある.
  出血が長く続く場合は,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
9ページTOPへ▲

新タウロメートE 240cpの保管方法

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください.
(2)小児の手のとどかない所に保管してください.
(3)他の容器に入れ替えないでください.
   (誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)本剤をぬれた手で扱わないでください.(品質が変わることがあります)
(5)使用期限(外箱に表示)をすぎた製品は服用しないでください.
9ページTOPへ▲

新タウロメートE 240cpの特徴

私たちの体の細胞を構成している脂質は,年をとるにつれ,次第に酸化して
過酸化脂質という“さび”となって,脳,神経,心臓,肝臓,皮膚などの組織に蓄積し,
組織細胞の老化を促進させる他,血管の壁や血小板をこわして,
血栓や動脈硬化の原因ともなります.
ビタミンEは,体内の過酸化脂質の増加をおさえ,血管の若返り作用,
ホルモンの調節作用などにより,血行障害のほか,更年期などにおこる
不快な諸症状を改善させます.
新タウロメートEは,有効成分として植物油から抽出した効力の高い
天然ビタミンEを配合した医薬品です.


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲