ストルピンMカプセル 40cp カプセル剤40cp メイクトモロー 1個 [市販薬] お薬検索[薬事典] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

処方箋の要る精力剤「バイアグラ」や「レビトラ」に似た薬効の循環器用剤。主成分は塩酸ヨヒンビンで、生殖器に血液を集めます。そのため服用後、1~2時間で腰の周りが温かくなる自覚症状があります。強制的に血液の流れを促進する劇薬ですから使用時には注意が必要で、血圧の高い方、心臓病のある方にはお勧めできません。事前1~2時間前に2カプセルの服用が効果的です。
ストルピンMカプセル 40cp [市販薬]



ストルピンMカプセル 40cp

【医薬品分類】
【商品区分】
要指導医薬品 / 大人用(15歳以上)
【剤形/内容量】
カプセル剤 / 40cp
【メーカー】
メイクトモロー
【希望小売価格/発売開始日】
12000円+税 / 1964/03/01
【共通商品コード】
4966779428123 (JANコード)
【セルフメディケーション税控除】
【その他】
最終更新日:2014/07/03
9ページTOPへ▲



1効能・効果 2用法・用量
3成分・分量
4使用上の注意
5保管方法 6特徴
7サイト内検索(キーワード検索)

ストルピンMカプセル 40cpの効能・効果

神経衰弱性陰萎
衰弱性射精
老衰性陰萎
9ページTOPへ▲

ストルピンMカプセル 40cpの用法・用量

 1回1カプセル  1日3回服用してください

1.本剤は劇薬に指定されていますので、定められた用法用量を厳守してください。
2.カプセルの取り出し図
  右図のようにカプセルの入っでいるPTPシートの凸部を指で強く押して裏面の
  アルミ箔を破り、取り出してお飲みください。
 (誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)
9ページTOPへ▲

ストルピンMカプセル 40cpの成分・分量

 1カプセル(0.15g)中
塩酸ヨヒンビン6mg ガラナエキス25mg 反鼻末20mg

その他、添加物として、バレイショデンプン、乳糖水和物及びアラビアゴム末を含有
する。また、カプセル剤皮中添加物として、青色1号、赤色3号、ラウリル硫酸Na、
ゼラチン、酸化チタンを含有する。
9ページTOPへ▲

ストルピンMカプセル 40cpの使用上の注意

<してはいけないこと>
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります)

1.次の人は使用しないでください
 (1)本剤又は他のヨヒンビン製剤によるアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (2)現在、他のヨヒンビン製剤を服用している人。
 (3)15歳未満の小児。
2.本剤を服用している間は次の医薬品を服用しないでください
  他のヨヒンビン製剤
3.服用時は飲酒しないでください
<相談すること>
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください
 (1)下腹部臓器の慢性炎症、泌尿生殖器の炎症のある人又は排尿困難な人。
 (2)心臓に障害のある人又は血圧の高い人。
 (3)妊婦又は妊娠していると思われる婦人。
 (4)医師の治療を受けている人。
 (5)次の診断を受けた人。
    糖尿病
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談して
  ください
 (1)本剤の服用により、頭痛、悪心・嘔吐、手指のふるえ、首すじのしびれ、激し
    い動悸、のぼせ等の症状があらわれた場合。
 (2)しばらく服用しても症状の改善がみられない場合。
9ページTOPへ▲

ストルピンMカプセル 40cpの保管方法

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限の過ぎた製品は服用しないでください。
9ページTOPへ▲

ストルピンMカプセル 40cpの特徴

陰萎とは、なんらかの原因で勃起能力が低下し、性交能力を失うことをいいます。
これは、脊髄下部の勃起中枢の興奮性が減退することにより起こるものです。アカネ
科植物ヨヒンベの樹皮に含有されているヨヒンビンには、勃起中枢を刺激し、かつ外
陰部の血管を拡張させ、陰茎海綿体に血液の充満を促し、勃起力を高める効果が認め
られています。
〈ストルピンMカプセル〉は選択的に勃起能力を促進する塩酸ヨヒンビンと強精や興
奮の目的で飲用されているガラナのエキス及び古来より精気と精力を増強するといわ
れている反鼻末を配合した薬剤で、男性能力の保持と高揚をもたらします。


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲