神農大柴胡湯エキス錠 180錠 錠剤180錠 神農製薬 1個 [市販薬] お薬検索[薬事典] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

大柴胡湯エキス錠剤
神農大柴胡湯エキス錠 180錠 [市販薬]



神農大柴胡湯エキス錠 180錠

【医薬品分類】
第2類医薬品
【商品区分】
一般用医薬品 / 兼用
【剤形/内容量】
錠剤 / 180錠
【メーカー】
神農製薬
【希望小売価格/発売開始日】
0円+税 / 2002/05/01
【共通商品コード】
4962438663164 (JANコード)
【セルフメディケーション税控除】
【その他】
最終更新日:2014/05/15
9ページTOPへ▲



1効能・効果 2用法・用量
3成分・分量
4使用上の注意
5保管方法 6特徴
7サイト内検索(キーワード検索)

神農大柴胡湯エキス錠 180錠の効能・効果

体力が充実して、脇腹からみぞおちあたりにかけて苦しく、便秘の傾向があるものの次の諸症:
 胃炎、常習便秘、高血圧や肥満に伴う肩こり・頭痛・便秘、神経症、肥満症
9ページTOPへ▲

神農大柴胡湯エキス錠 180錠の用法・用量

   年齢       1回量   1日服用回数
成人(15歳以上)    4錠    3回
7歳以上15歳未満    3錠    3回
5歳以上7歳未満     2錠    3回
5歳未満         服用しないこと

食前又は食間に水またはお湯にて服用してください。
食間とは・・・食後2~3時間を指します。
小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
9ページTOPへ▲

神農大柴胡湯エキス錠 180錠の成分・分量

12錠(1日量)中
  大柴胡湯乾燥エキス 2.25g (サイコ3g、ハンゲ2g、ショウキョウ・ダイオウ各0.5g、オウゴン・シャクヤク・タイソウ各1.5g、キジツ1g)

無水ケイ酸,ケイ酸アルミニウム,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),トウモロコシデンプン,ステアリン酸マグネシウム,乳糖
9ページTOPへ▲

神農大柴胡湯エキス錠 180錠の使用上の注意

<してはいけないこと>
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)

1.本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないでください
   他の瀉下薬(下剤)

2.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください
<相談すること>
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦または妊娠していると思われる人。
 (3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)。
 (4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
 (5)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。

2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って医師または薬剤師に相談してください
 (1)服用後、次の症状があらわれた場合

[関係部位]    [症状]
 皮ふ       発疹・発赤、かゆみ
 消化器      はげしい腹痛を伴う下痢、腹痛

 まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

[症状の名称]   [症状]
 間質性肺炎    せきを伴い、息切れ、呼吸困難、発熱等があらわれる。
 肝機能障害    全身のだるさ、黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等があらわれる。

 (2)1ヵ月位(常習便秘、高血圧や肥満に伴う便秘に服用する場合には5~6日間)服用しても症状がよく
    ならない場合

3.次の症状があらわれることがありますので、このような症状の継続または増強が見られた場合には、服用を
  中止し、医師または薬剤師に相談してください
   下痢
9ページTOPへ▲

神農大柴胡湯エキス錠 180錠の保管方法

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)吸湿しやすいため、服用のつどビンのフタをよくしめてください。
(5)本剤は生薬(薬用の草根木皮等)を用いた製品ですので、製品により色調等が異なることがありますが、
   効能・効果にはかわりありません。
(6)本剤をぬれた手で扱わないで下さい。水分が錠剤につくと、錠剤表面が変色したり、亀裂を生じることが
   あります。
(7)使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。
9ページTOPへ▲

神農大柴胡湯エキス錠 180錠の特徴



※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲