ヒフナップ20CE 75g (外用薬)その他の剤形75g 協和薬品工業 1個 [市販薬] お薬検索[薬事典] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

手指のあれ、ひじ・ひざ・かかとのカサカサに。
ヒフナップ20CE 75g [市販薬]



ヒフナップ20CE 75g

【医薬品分類】
第3類医薬品
【商品区分】
一般用医薬品 / 大人用(15歳以上)
【剤形/内容量】
(外用薬)その他の剤形 / 75g
【メーカー】
協和薬品工業
【希望小売価格/発売開始日】
0円+税 / 2010/10/15
【共通商品コード】
4962307092064 (JANコード)
【セルフメディケーション税控除】
【その他】
最終更新日:2013/02/05
9ページTOPへ▲



1効能・効果 2用法・用量
3成分・分量
4使用上の注意
5保管方法 6特徴
7サイト内検索(キーワード検索)

ヒフナップ20CE 75gの効能・効果

手指のあれ、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、老人の乾皮症、さめ肌
9ページTOPへ▲

ヒフナップ20CE 75gの用法・用量

1日数回、適量を患部に塗擦して下さい。

<用法・用量に関連する注意>
(1)用法・用量を厳守して下さい。
(2)目に入らないように注意して下さい。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗って下さい。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けて下さい。
(3)小児(15歳未満)には使用させないで下さい。
(4)本剤は外用にのみ使用して下さい。
(5)化粧品ではないので、効能・効果で定められた患部のみに使用し、基礎化粧品などの目的で顔面には使用しないで下さい。
(6)患部やその周囲が汚れたまま使用しないで下さい。
9ページTOPへ▲

ヒフナップ20CE 75gの成分・分量

100g中
 〔成  分〕        〔分  量〕
尿素             20.0g
グリチルレチン酸        0.3g

添加物として、N-(ヘキサデシロキシヒドロキシプロピル)-N-ヒドロキシエチルヘキサデカナミド、ステアリン酸ソルビタン、セタノール、流動パラフィン、スクワラン、プロピレングリコール、ラウリル硫酸Na、パラベン、香料、その他4成分を含有します。
9ページTOPへ▲

ヒフナップ20CE 75gの使用上の注意

<してはいけないこと>
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる。)

次の部位には使用しないで下さい
(1)目の周囲、粘膜等。
(2)引っかき傷の傷口、亀裂(ひびわれ)部位。
(3)かさぶたの様に皮膚がはがれているところ。
(4)炎症部位(ただれ・赤く腫れているところ)。
<相談すること>
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬や化粧品などにより刺激症状又はアレルギー症状(発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等)を起こしたことがある人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、
  この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
   〔関係部位〕 〔症  状〕
    皮  膚 : 発疹・発赤、かゆみ、刺激感(痛み、熱感、ぴりぴり感)、
            かさぶたの様に皮膚がはがれる状態等
3.2週間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
9ページTOPへ▲

ヒフナップ20CE 75gの保管方法

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限(ケースに記載)を過ぎた製品は使用しないで下さい。なお、使用期限内であっても、開封後はなるべく早く使用して下さい。
9ページTOPへ▲

ヒフナップ20CE 75gの特徴

手指がカサカサする、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしが固くコチコチになる、水仕事などで肌がザラザラするといった症状は、
皮膚表面の角質層の水分不足が原因です。
ヒフナップ20CEは、角質水分保有力増強作用のある尿素20%に、消炎作用のあるグリチルレチン酸を配合したクリームです。
「カサカサ」「コチコチ」「ザラザラ」の皮膚を改善します。

<ヒフナップ20CEの特徴>
1.20%の尿素が、体内から角質層へ適度の水分を取り込み、皮膚の水分バランスを保ちます。
2.親水性のクリーム剤ですので水で洗い流せます。


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲