協和胃腸薬<細粒> 60包 細粒60包 協和薬品工業 1個 [市販薬] お薬検索[薬事典] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

食べすぎ・飲みすぎ 胸やけ・もたれに
協和胃腸薬<細粒> 60包 [市販薬]



協和胃腸薬<細粒> 60包

【医薬品分類】
第2類医薬品
【商品区分】
一般用医薬品 / 兼用
【剤形/内容量】
細粒 / 60包
【メーカー】
協和薬品工業
【希望小売価格/発売開始日】
0円+税 / 2004/04/21
【共通商品コード】
4962307010280 (JANコード)
【セルフメディケーション税控除】
【その他】
最終更新日:2014/05/12
9ページTOPへ▲



1効能・効果 2用法・用量
3成分・分量
4使用上の注意
5保管方法 6特徴
7サイト内検索(キーワード検索)

協和胃腸薬<細粒> 60包の効能・効果

胃酸過多、胃部不快感、胃もたれ、胃痛、はきけ(胃のむかつき、二日酔・悪酔のむかつき)、嘔吐、飲み過ぎ、胸つかえ、げっぷ、食欲不振、消化不良、胃弱、食べ過ぎ、消化不良による胃部・腹部膨満感、胸やけ
9ページTOPへ▲

協和胃腸薬<細粒> 60包の用法・用量

次の量を食後なるべく30分以内に服用して下さい。
 〔 年  齢 〕 成人(15歳以上)
 〔1 回 量 〕 1包
 〔1日服用回数〕 3回

 〔 年  齢 〕 11歳以上15歳未満
 〔1 回 量 〕 2/3包
 〔1日服用回数〕 3回

 〔 年  齢 〕 8歳以上11歳未満
 〔1 回 量 〕 1/2包
 〔1日服用回数〕 3回

 〔 年  齢 〕 5歳以上8歳未満
 〔1 回 量 〕 1/3包
 〔1日服用回数〕 3回

 〔 年  齢 〕 5才未満
 〔1 回 量 〕 服用しないこと
 〔1日服用回数〕 服用しないこと

<用法・用量に関連する注意>
(1)用法・用量を厳守して下さい。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。
9ページTOPへ▲

協和胃腸薬<細粒> 60包の成分・分量

1日量(3包)中         1包:1g
〔成 分〕            〔分 量〕
 ビオヂアスターゼ1000    150mg
 合成ヒドロタルサイト     1500mg
 ロートエキス           30mg
 ショウキョウ末         120mg
 ゲンチアナ末           75mg
 ケイヒ末            300mg
 ウイキョウ末          105mg
 チョウジ末            60mg

添加物として、l-メントール、乳糖、ヒドロキシプロピルセルロース、ポリビニルピロリドン、無水ケイ酸を含有します。
9ページTOPへ▲

協和胃腸薬<細粒> 60包の使用上の注意

<してはいけないこと>
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)

1.次の人は服用しないで下さい。
  透析療法を受けている人。
2.本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないで下さい。
  胃腸鎮痛鎮痙薬
3.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けて下さい。
  (母乳に移行して乳児の脈が速くなることがあります。)
4.長期連用しないで下さい。
<相談すること>
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(5)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(6)次の症状のある人。
   排尿困難
(7)次の診断を受けた人。
   腎臓病、心臓病、緑内障
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)服用後、次の症状があらわれた場合
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮   ふ : 発疹・発赤、かゆみ
(2)2週間位服用しても症状がよくならない場合
3.次の症状があらわれることがあるので、このような症状の継続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談して下さい。
  口のかわき、便秘、下痢
9ページTOPへ▲

協和胃腸薬<細粒> 60包の保管方法

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。
   (誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用して下さい。
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。
9ページTOPへ▲

協和胃腸薬<細粒> 60包の特徴

協和胃腸薬<細粒>は、健胃薬、制酸剤、消化酵素、鎮痛鎮痙薬を配合した総合胃腸薬です。


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲