ジュラール 17G (外用薬)その他の剤形17g ゼリア新薬工業 1個 [市販薬] お薬検索[薬事典] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

ベトつかない,虫さされ・かゆみ止め
ジュラール 17G [市販薬]



ジュラール 17G

【医薬品分類】
第3類医薬品
【商品区分】
一般用医薬品 / 兼用
【剤形/内容量】
(外用薬)その他の剤形 / 17g
【メーカー】
ゼリア新薬工業
【希望小売価格/発売開始日】
980円+税 / 1992/12/01
【共通商品コード】
49620009 (JANコード)
【セルフメディケーション税控除】
【その他】
最終更新日:2016/05/31
9ページTOPへ▲



1効能・効果 2用法・用量
3成分・分量
4使用上の注意
5保管方法 6特徴
7サイト内検索(キーワード検索)

ジュラール 17Gの効能・効果

虫さされ,かゆみ止め
9ページTOPへ▲

ジュラール 17Gの用法・用量

適量を塗布又は擦り込んでください。

<用法・用量に関連する注意>
(1)小児に使用する場合には,特に注意し,保護者の指導監督のもとに使用してください。
(2)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗い,直ちに眼科医の診療を受けてください。
(3)外用にのみ使用してください。
(4)定められた用法・用量を守ってください。
(5)局所刺激作用があるので,患部に軽く塗るだけにとどめ,ガーゼ,脱脂綿等に浸して患部に貼付しないでください。
9ページTOPへ▲

ジュラール 17Gの成分・分量

 〔成  分〕 アンモニア水
 〔分  量〕 10%
 〔はたらき〕 局所刺激作用によりかゆみを緩和します。

 〔成  分〕 dl-カンフル
 〔分  量〕 1.5%
 〔はたらき〕 局所刺激作用によりかゆみを緩和します。

 〔成  分〕 l-メントール
 〔分  量〕 1%
 〔はたらき〕 局所刺激作用によりかゆみを緩和します。

 〔成  分〕 ジフェンヒドラミン
 〔分  量〕 0.5%
 〔はたらき〕 抗ヒスタミン作用により炎症を鎮めます。

 〔成  分〕 イソプロピルメチルフェノール
 〔分  量〕 0.1%
 〔はたらき〕 収れん作用で患部を保護します。

添加物:ラウロマクロゴール,ラウリル硫酸ナトリウム,自己乳化型モノステアリン酸グリセリン,セタノール,白色ワセリン,軽質流動パラフィン,パラフィン,パルミチン酸イソプロピル,コロイド性含水ケイ酸アルミニウム
9ページTOPへ▲

ジュラール 17Gの使用上の注意

<してはいけないこと>
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)

●次の部位には使用しないでください
 (1)口唇等の粘膜の部分や目のまわり。
 (2)傷のある所,ただれたり,かぶれている所。
<相談すること>
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (3)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
   〔関係部位〕        〔症  状〕
   皮 膚    : 発疹・発赤,かゆみ,はれ,灼熱感
3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
9ページTOPへ▲

ジュラール 17Gの保管方法

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。また,揮発性であるので,使用後は密栓してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。
9ページTOPへ▲

ジュラール 17Gの特徴

 蚊,ぶよ,蚤,南京虫,蜂,蟻あるいは毒虫などにさされると,はげしいかゆみや時には痛みが発生します。これは蟻酸などの酸性物質を主体としたものの刺激によるものといわれ,従来アンモニア水等が使用され効果をあげてきました。
 ジュラールはこのアンモニア水を主体とし,これに抗ヒスタミン剤,収れん剤,清涼剤等を配合し,従来液剤であったアンモニア水をクリームタイプの製剤にし,使用しやすくしました。さらに,のびがよく,速乾性ですので衣服をよごしません。


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲