紫華栄 顆粒 90包 顆粒90包 和漢薬研究所 1個 [市販薬] お薬検索[薬事典] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

私たちの体には生活における色々な刺激や変化に対し生体の機能のバランスを保ち健康を維持しようとする働きがあります。この働きを自然治癒力といいます。この働きを賦活し健康を保持することを滋養強壮といいます。
紫華栄 顆粒 90包 [市販薬]



紫華栄 顆粒 90包

【医薬品分類】
第3類医薬品
【商品区分】
一般用医薬品 / 兼用
【剤形/内容量】
顆粒 / 90包
【メーカー】
和漢薬研究所
【希望小売価格/発売開始日】
16800円+税 / 1999/01/01
【共通商品コード】
4956621027536 (JANコード)
【セルフメディケーション税控除】
【その他】
最終更新日:2015/05/22
9ページTOPへ▲



1効能・効果 2用法・用量
3成分・分量
4使用上の注意
5保管方法 6特徴
7サイト内検索(キーワード検索)

紫華栄 顆粒 90包の効能・効果

虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症、
発育期などの滋養強壮
9ページTOPへ▲

紫華栄 顆粒 90包の用法・用量

次の量を食間に温湯又は水にて服用してください。
(食間とは、食後2~3時間を指します。)

[年齢]       [1回量]   [1日服用回数]
大人(15歳以上)   1包(1.5g)3回
15歳未満~11歳迄  1/2量    3回 
11歳未満~8歳迄   1/3量    3回

(1)定められた用法・用量をお守りください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
成分・分量、保管及び取り扱い上の注意については、裏面をご覧ください。
9ページTOPへ▲

紫華栄 顆粒 90包の成分・分量

3包(成人の1日服用量)中
[成分]  シコン乾燥エキス
[原生薬量]シコン 7,500mgに相当
[分量]  170mg

[成分]  トウキ乾燥エキス
[原生薬量]トウキ 342mgに相当
[分量]  120mg

[成分]  ジュウヤク乾燥エキス
[原生薬量]ジュウヤク 1,500mgに相当
[分量]  85mg

[成分]  ニンジン乾燥エキス
[原生薬量]ニンジン 3,000mgに相当
[分量]  600mg

[成分]  オウギ乾燥エキス
[原生薬量]オウギ 250mgに相当
[分量]  50mg

[成分]  センキュウ乾燥エキス
[原生薬量]センキュウ 225mgに相当
[分量]  50mg

[成分]  ヨクイニン末
[原生薬量]
[分量]  1,800mg

[成分]  カンゾウ末
[原生薬量]
[分量]  45mg

添加物として乳糖水和物を含有します。

本剤は、生薬を用いた製剤ですので、
製品により色が多少異なることがありますが、効果に変わりありません。
9ページTOPへ▲

紫華栄 顆粒 90包の使用上の注意

<してはいけないこと>

<相談すること>
1.服用後、次の症状があらわれた場合は、副作用の可能性があるので、直ちに服用
  を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

[関係部位] [症状]
 皮膚     発疹・発赤、かゆみ

2.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
9ページTOPへ▲

紫華栄 顆粒 90包の保管方法

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)1包を分割して服用する場合には、残りは袋の口を折り返して保管し、
   2日以内に服用してください。
9ページTOPへ▲

紫華栄 顆粒 90包の特徴

私たちの体には、本来、生活における色々な刺激や変化に対し、
生体の機能のバランスを保ち、いつも健康を維持しようとする働きがあります。
この働きを自然治癒力といいます。
そして、この働きを賦活して健康を保持することを滋養強壮といいます。
紫華栄はシコン(紫根)をはじめ、トウキ(当帰)・ニンジン(人参)など
6種の生薬エキスをヨクイニン(ハトムギの種子)末とカンゾウ(甘草)末に混合した顆粒剤で、
これらの有効成分の働きによって、心身の疲労・冷え症・血色不良・虚弱体質・発育期・
胃腸虚弱・食欲不振などにすぐれた滋養強壮効果を発揮します。


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲