サララ39 15ml 外用液剤15ml 明治薬品 1個 [市販薬] お薬検索[薬事典] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

目のかすみ、目の疲れに
サララ39 15ml [市販薬]



サララ39 15ml

【医薬品分類】
第3類医薬品
【商品区分】
一般用医薬品 / 兼用
【剤形/内容量】
外用液剤 / 15ml
【メーカー】
明治薬品
【希望小売価格/発売開始日】
970円+税 / 1999/01/01
【共通商品コード】
4954007060429 (JANコード)
【セルフメディケーション税控除】
【その他】
最終更新日:2010/05/31
9ページTOPへ▲



1効能・効果 2用法・用量
3成分・分量
4使用上の注意
5保管方法 6特徴
7サイト内検索(キーワード検索)

サララ39 15mlの効能・効果

目の疲れ,結膜充血,眼病予防(水泳のあと,ほこりや汗が目に入ったときなど),紫外線
その他の光線による眼炎(雪目など),眼瞼炎(まぶたのただれ),ハードコンタクトレンズを
装着しているときの不快感,目のかゆみ,目のかすみ(目やにの多いときなど)
9ページTOPへ▲

サララ39 15mlの用法・用量

1日3~6回,1回1~3滴点眼してください

(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させること。
(2)容器の先をまぶた,まつ毛に触れさせないこと。また,混濁したものは使用しないこと。
(3)ソフトコンタクトレンズを装着したまま使用しないこと。
(4)点眼用にのみ使用すること。
9ページTOPへ▲

サララ39 15mlの成分・分量

100mL中
ネオスチグミンメチル硫酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5mg
イプシロン-アミノカプロン酸・・・・・・・・・・・・・1,000mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩・・・・・・・・・・・・・・ 20mg
シアノコバラミン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5mg
タウリン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・500mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム・・・・・・・・・・・100mg

添加物としてホウ酸,塩化Na,塩化K,D-マンニトール,クロロブタノール,
メチルパラベン,プロピルパラベン,フェニルエチルアルコール,l-メントール,
dl-カンフル,塩酸を含有します。
9ページTOPへ▲

サララ39 15mlの使用上の注意

<してはいけないこと>

<相談すること>
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)次の症状のある人。
はげしい目の痛み
(4)次の診断を受けた人。
緑内障

2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること


[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
目:充血,かゆみ,はれ
3.次の場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)目のかすみが改善されない場合
(2)2週間位使用しても症状がよくならない場合
9ページTOPへ▲

サララ39 15mlの保管方法

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)他の人と共用しないこと。
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないこと。また,使用期限内であっても,開封後は
   長期保存による使用は避けること。
(6)本剤はピンク色(ビタミンB12の色)の目薬ですから,衣服につけないように
   注意すること。もし,衣服についた時は,すぐ水で洗い流すこと。
9ページTOPへ▲

サララ39 15mlの特徴

中年の頃になると,目がかすむ,目が疲れるという症状が多くあらわれてきます。
サララ39は,弱った目の調整機能を改善するネオスチグミンメチル硫酸塩にそれを
助けるシアノコバラミン(ビタミンB12),目の新陳代謝を活発にして目の働きを
改善するタウリン,コンドロイチン硫酸エステルナトリウム,そして目の炎症,
かゆみを改善するクロルフェニラミンマレイン酸塩,イプシロン-アミノカプロン酸
などを配合した,目にやさしい目薬です。


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲