パンピンチオC 180錠 錠剤180錠 明治薬品 1個 [市販薬] お薬検索[薬事典] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

しみ・そばかす・日やけによる色素沈着に
パンピンチオC 180錠 [市販薬]



パンピンチオC 180錠

【医薬品分類】
第3類医薬品
【商品区分】
一般用医薬品 / 兼用
【剤形/内容量】
錠剤 / 180錠
【メーカー】
明治薬品
【希望小売価格/発売開始日】
4200円+税 / 2003/08/18
【共通商品コード】
4954007010714 (JANコード)
【セルフメディケーション税控除】
【その他】
最終更新日:2018/01/17
9ページTOPへ▲



1効能・効果 2用法・用量
3成分・分量
4使用上の注意
5保管方法 6特徴
7サイト内検索(キーワード検索)

パンピンチオC 180錠の効能・効果

・しみ、そばかす、日やけなどの色素沈着症
・全身倦怠
・二日酔
・にきび、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけ
9ページTOPへ▲

パンピンチオC 180錠の用法・用量

次の量を服用してください。

〔年齢〕       :  〔1回量〕   :〔1日服用回数〕
成人(15歳以上)  :   2錠     :   3回
7歳以上15歳未満  :   1錠     :   3回
7歳未満       :    服用しないでください

(1)用法及び用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
9ページTOPへ▲

パンピンチオC 180錠の成分・分量

成人(15歳以上)1日量(6錠)中

〔成分〕L-システイン
〔分量〕240mg
〔作用〕皮膚では、メラニン色素の発生を抑えることでしみ・そばかすを改善し、
    肝臓では、有害物を解毒することにより二日酔・全身倦怠に効果をあらわします。

〔成分〕アスコルビン酸
〔分量〕300mg
〔作用〕しみ・そばかすなどの原因となるメラニンの生成を抑制します。

〔成分〕パントテン酸カルシウム
〔分量〕24mg
〔作用〕脂肪代謝や糖代謝に働きかけ、滋養強壮に効果をあらわします。

添加物として、アラビアゴム、カルナウバロウ、還元麦芽糖水アメ、ケイ酸Ca、サラシミツロウ、
酸化チタン、ステアリン酸Mg、セラック、ゼラチン、セルロース、タルク、炭酸Ca、トウモロコシデンプン、
白糖、ヒドロキシプロピルセルロース、リン酸水素Ca、CMC‐Caを含有します。

本剤の服用により尿及び大便の検査値が影響を受けることがあります。医師の検査を受ける場合は、ビタミンCを
服用していることを医師にお知らせください。
9ページTOPへ▲

パンピンチオC 180錠の使用上の注意

<してはいけないこと>

<相談すること>
1.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください
(1)服用後、次の症状があらわれた場合

〔関 係 部 位〕    :     〔症  状〕
 皮  ふ        :       発疹
 消 化 器       :    悪心・嘔吐、腹痛

(2)しばらく服用しても症状がよくならない場合
2.次の症状があらわれることがあるので、このような症状の継続又は増強が見られた場合には、
  服用を中止し、医師又は薬剤師に相談してください
   下痢
9ページTOPへ▲

パンピンチオC 180錠の保管方法

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)誤用をさけ品質を保持するため、他の容器に入れ替えないでください。
(4)錠剤はぬれた手で触ったり、水にぬらさないように注意してください。
   また、服用のつどビンのフタをよく閉めてください。
  (水分や湿気によって錠剤表面が変色する等品質に影響することがあります。)
(5)輸送中の破損防止のためにビンの中に詰め物(ポリエチレン)を入れてありますが、
   フタをあけた後は捨ててください。
(6)使用期限をすぎた製品は服用しないでください。
9ページTOPへ▲

パンピンチオC 180錠の特徴

パンピンチオCは、アミノ酸の一種であるL‐システイン及びしみやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑制する
アスコルビン酸(ビタミンC)にパントテン酸カルシウムを配合した製剤で、しみ・そばかす・にきび・二日酔・全身倦怠に
優れた効果を発揮します。


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲