複方熊胆円 90個 錠剤90個 日邦薬品工業 1個 [市販薬] お薬検索[薬事典] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

真正熊胆配合
複方熊胆円 90個 [市販薬]



複方熊胆円 90個

【医薬品分類】
第2類医薬品
【商品区分】
一般用医薬品 / 兼用
【剤形/内容量】
錠剤 / 90個
【メーカー】
日邦薬品工業
【希望小売価格/発売開始日】
12000円+税 / 2015/08/01
【共通商品コード】
4951079100039 (JANコード)
【セルフメディケーション税控除】
【その他】
最終更新日:2015/09/16
9ページTOPへ▲



1効能・効果 2用法・用量
3成分・分量
4使用上の注意
5保管方法 6特徴
7サイト内検索(キーワード検索)

複方熊胆円 90個の効能・効果

食欲不振、胃部・腹部膨満感、消化不良、胃弱、食べ過ぎ、飲み過ぎ、胸やけ、もたれ、胸つかえ、はきけ(むかつき、二日酔・悪酔のむかつき)、嘔吐、整腸(便通を整える)、軟便、便秘
9ページTOPへ▲

複方熊胆円 90個の用法・用量

下記の量を1日3回食後服用してください。
 〔 年  齢 〕 15歳以上
 〔1 回 量 〕 1個
 〔1日服用回数〕 3回

 〔 年  齢 〕 11歳以上15歳未満
 〔1 回 量 〕 3/4個
 〔1日服用回数〕 3回

 〔 年  齢 〕 8歳以上11歳未満
 〔1 回 量 〕 1/2個
 〔1日服用回数〕 3回

 〔 年  齢 〕 8歳未満
 〔1 回 量 〕 服用しないこと
 〔1日服用回数〕 服用しないこと

<用法・用量に関する注意>
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)8歳以上の小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
9ページTOPへ▲

複方熊胆円 90個の成分・分量

1日量(3個)中
 〔成分名 〕 アカメガシワエキス(原生薬換算量2500mg)
 〔含  量〕 250mg
 〔主な働き〕 便通を整え、整腸作用がある

 〔成分名 〕 オウバクエキス(原生薬換算量600mg)
 〔含  量〕 200mg
 〔主な働き〕 消化不良、食べ過ぎによい働き

 〔成分名 〕 ダイオウエキス(原生薬換算量150mg)
 〔含  量〕 24mg
 〔主な働き〕 整腸、便秘によい働き

 〔成分名 〕 チクセツニンジンエキス(原生薬換算量150mg)
 〔含  量〕 30mg
 〔主な働き〕 消化不良、胃弱、食欲不振によい働き

 〔成分名 〕 日本薬局方 アロエ末
 〔含  量〕 120mg
 〔主な働き〕 常習便秘を改善する働き

 〔成分名 〕 日本薬局方 ユウタン
 〔含  量〕 10mg
 〔主な働き〕 二日酔いのむかつき、飲み過ぎ、消化不良によい働き

 〔成分名 〕 牛胆
 〔含  量〕 100mg
 〔主な働き〕 二日酔いのむかつき、飲み過ぎ、消化不良によい働き

添加物:薬用炭、安息香酸ナトリウム、デキストリン
9ページTOPへ▲

複方熊胆円 90個の使用上の注意

<してはいけないこと>

<相談すること>
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
 (1)医師の治療を受けている人
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人
 (3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)
 (4)胃腸が弱く、下痢しやすい人
2.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書をもって医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
9ページTOPへ▲

複方熊胆円 90個の保管方法

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管しください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)1包を分割する場合には、メタル包装の上から割ってください。
(5)1包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に使用してください。
(6)季節によっては割れにくい場合がありますが、品質には問題ありません。(冷蔵庫で冷やすと、割れやすくなります。)
(7)使用期限が過ぎたものは服用しないでください。
9ページTOPへ▲

複方熊胆円 90個の特徴

複方熊胆円の「複方」とは、特に「ユウタン(熊胆)」と「牛胆」の2種の「胆」を含有することから命名されました。熊胆、牛胆と5種類の生薬が穏やかに健胃整腸作用を促し、消化器系全体の働きを活発にする和漢生薬製剤です。


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲