ボランテFBテープL70温感 8枚×10袋 パップ剤8枚 日邦薬品工業 10個 [市販薬] お薬検索[薬事典] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

フェルビナク70mg+l-メントール60mg
ボランテFBテープL70温感 8枚×10袋 [市販薬]



ボランテFBテープL70温感 8枚×10袋

【医薬品分類】
第2類医薬品
【商品区分】
一般用医薬品 / 兼用
【剤形/内容量】
パップ剤 / 8枚
【メーカー】
日邦薬品工業
【希望小売価格/発売開始日】
11429円+税 / 2010/11/01
【共通商品コード】
4944661175362 (JANコード)
【セルフメディケーション税控除】
対象
【その他】
最終更新日:2011/07/07
9ページTOPへ▲



1効能・効果 2用法・用量
3成分・分量
4使用上の注意
5保管方法 6特徴
7サイト内検索(キーワード検索)

ボランテFBテープL70温感 8枚×10袋の効能・効果

肩こりに伴う肩の痛み、腰痛、関節痛、筋肉痛、
腱鞘炎(手・手首・足首の痛みとはれ)、
肘の痛み(テニス肘など)、打撲、捻挫
9ページTOPへ▲

ボランテFBテープL70温感 8枚×10袋の用法・用量

表面のフィルムをはがし、1日2回を限度として患部に貼付してください。

<用法・用量に関連する注意>
(1)定められた用法・用量をお守りください。
(2)本剤は痛みやはれ等の原因になっている病気を治療するのではなく、
   痛みやはれ等の症状のみを治療する薬剤なので、症状がある場合だけ
   使用してください。
(3)汗をかいたり、患部がぬれている時は、よくふきとってから使用してください。
(4)皮ふの弱い人は、使用前に腕の内側の皮ふの弱い箇所に、1~2cm角の
   小片を目安として半日以上貼り、発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等の症状が
   起きないことを確かめてから使用してください。
(5)皮ふの弱い人は、同じところに続けて貼らないでください。
9ページTOPへ▲

ボランテFBテープL70温感 8枚×10袋の成分・分量

膏体100g中[1枚10cm×14cm、膏体量2g]
フェルビナク・・・・・・・・・・3.5g
l-メントール・・・・・・・・・3.0g

添加物:BHT、タルク、スチレン・イソプレン・スチレンブロックコポリマー、
テルペン樹脂、N-メチル-2-ピロリドン、ノニル酸ワニリルアミド、流動パラフィン
9ページTOPへ▲

ボランテFBテープL70温感 8枚×10袋の使用上の注意

<してはいけないこと>
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)

1.次の人は使用しないでください
(1)本剤によるアレルギー症状(発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等)を
   起こしたことがある人。
(2)ぜんそくを起こしたことがある人。
(3)妊婦または妊娠していると思われる人。
(4)15歳未満の小児。
2.次の部位には使用しないでください
(1)目の周囲、粘膜等。
(2)湿疹、かぶれ、傷口。
(3)みずむし・たむし等または化膿している患部。
3.連続して2週間以上使用しないでください
<相談すること>
1.次の人は使用前に医師または薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)本人または家族がアレルギー体質の人。
(3)薬や化粧品等によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.次の場合は、直ちに使用を中止し、この説明文書を持って医師または薬剤師に
  相談してください
 (1)使用後、次の症状があらわれた場合。
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮   ふ : 発疹・発赤、かゆみ、はれ、ヒリヒリ感、かぶれ、水疱
 (2)5~6日間使用しても症状がよくならない場合。
9ページTOPへ▲

ボランテFBテープL70温感 8枚×10袋の保管方法

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。
  (誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)品質保持のため、未使用分は袋に入れ、開口部をおりまげて保管してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。
   なお、使用期限内であっても、開封後はなるべく早く使用してください。
9ページTOPへ▲

ボランテFBテープL70温感 8枚×10袋の特徴



※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲