ピロエースWクリーム 15g 軟膏剤15g 第一三共ヘルスケア 1個 [市販薬] お薬検索[薬事典] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

みずむし・たむしに
ピロエースWクリーム 15g [市販薬]



ピロエースWクリーム 15g

【医薬品分類】
第2類医薬品
【商品区分】
一般用医薬品 / 兼用
【剤形/内容量】
軟膏剤 / 15g
【メーカー】
第一三共ヘルスケア
【希望小売価格/発売開始日】
1800円+税 / 1993/02/01
【共通商品コード】
49418644 (JANコード)
【セルフメディケーション税控除】
【その他】
最終更新日:2014/04/16
9ページTOPへ▲



1効能・効果 2用法・用量
3成分・分量
4使用上の注意
5保管方法 6特徴
7サイト内検索(キーワード検索)

ピロエースWクリーム 15gの効能・効果

みずむし、いんきんたむし、ぜにたむし
9ページTOPへ▲

ピロエースWクリーム 15gの用法・用量

1日2~3回、適量を患部に塗布して下さい。

<使用法に関連する注意>
(1)使用法を厳守して下さい。
(2)患部やその周囲が汚れたまま使用しないで下さい。
(3)目に入らないように注意して下さい。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗い、直ちに眼科医の診療を受けて下さい。
(4)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
(5)外用にのみ使用して下さい。
9ページTOPへ▲

ピロエースWクリーム 15gの成分・分量

本剤は、白色のクリーム剤で、100g中に次の成分を含有しています。
 ピロールニトリン・・・・・・・・・・・・0.2g(力価)
 クロトリマゾール・・・・・・・・・・・・0.4g
 クロタミトン・・・・・・・・・・・・・・・・5g

添加物:オクチルドデカノール、ステアリン酸グリセリン、ステアリン酸マクロゴール、1,3-ブチレングリコール、カルボキシビニルポリマー、pH調節剤

塗布後ほてり(熱感)を感じることがありますが、短時間のうちに消失します。
9ページTOPへ▲

ピロエースWクリーム 15gの使用上の注意

<してはいけないこと>
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)

次の部位には使用しないで下さい。
 (1)目や目の周囲、顔面、粘膜(例えば、口腔、鼻腔、膣等)、陰のう、外陰部等
 (2)しっしん
 (3)湿潤、ただれ、亀裂や外傷のひどい患部
<相談すること>
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
 (1)医師の治療を受けている人
 (2)乳幼児
 (3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
 (4)患部が広範囲の人
 (5)患部が化膿している人
 (6)「しっしん」か「みずむし、いんきんたむし、ぜにたむし」かがはっきりしない人(陰のうにかゆみ・ただれ等の症状がある場合は、しっしん等他の原因による場合が多い)
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
    〔関係部位〕            〔症  状〕
     皮  膚  : 発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、刺激感、熱感、疼
             痛、ただれ、乾燥感、ヒリヒリ感
3.2週間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
4.使用後、症状がかえって悪化した場合(ただれたり、化膿したり、病巣が使用前より広がる等)は、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
9ページTOPへ▲

ピロエースWクリーム 15gの保管方法

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。
   (誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)表示の使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。
9ページTOPへ▲

ピロエースWクリーム 15gの特徴

1.すぐれた抗白癬菌作用があります。
  抗生物質ピロールニトリンと抗真菌剤クロトリマゾールの協力作用により、効率的に白癬菌を消失させ、炎症等の症状を改善します
2.すぐれた鎮痒効果があります。
  鎮痒剤のクロタミトンが、不快なかゆみをとります。
3.べとつかない、塗りごこちのよいクリーム剤です。


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲