パラデントエース 40g (外用薬)その他の剤形40g ライオン 1個 [市販薬] お薬検索[薬事典] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

ヒノキチオールを主成分とする歯肉炎・歯槽膿漏薬です
パラデントエース 40g [市販薬]



パラデントエース 40g

【医薬品分類】
第3類医薬品
【商品区分】
一般用医薬品 / 兼用
【剤形/内容量】
(外用薬)その他の剤形 / 40g
【メーカー】
ライオン
【希望小売価格/発売開始日】
720円+税 / 1968/02/07
【共通商品コード】
4903301180371 (JANコード)
【セルフメディケーション税控除】
【その他】
最終更新日:2014/09/11
9ページTOPへ▲



1効能・効果 2用法・用量
3成分・分量
4使用上の注意
5保管方法 6特徴
7サイト内検索(キーワード検索)

パラデントエース 40gの効能・効果

歯齦炎、口内炎、舌炎、口唇炎、智歯周囲炎および歯槽膿漏の予防ならびに治療。
9ページTOPへ▲

パラデントエース 40gの用法・用量

●適量(1回0.2~0.5g、約1cm)を清潔な指頭または歯ブラシなどにとり、1日数回歯グキあるいは患部に塗布、またはマッサージしてください。

<用法・用量に関連する注意>
(1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)歯科用にのみ使用してください。
9ページTOPへ▲

パラデントエース 40gの成分・分量

 〔成  分〕 ヒノキチオール
 〔含  量〕 0.1%
 〔はたらき〕 組織収斂作用により、歯グキのはれ、出血をおさえます。抗菌作用
        により、歯周疾患の原因となる細菌の増殖をおさえます。

添加物として、カルボキシビニルポリマー、グリセリン、水酸化Na、ステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、ステアリン酸ソルビタン、流動パラフィン、サッカリンNa、エデト酸Ca/2Na、フェノール、香料、l-メントール、エタノール、赤色3号を含む。
9ページTOPへ▲

パラデントエース 40gの使用上の注意

<してはいけないこと>

<相談すること>
1.次の人は使用前に医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 (1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
 (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮膚    : 発疹・発赤、かゆみ
3.しばらく使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
9ページTOPへ▲

パラデントエース 40gの保管方法

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)。
(4)使用期限が過ぎた製品は使用しないでください。
9ページTOPへ▲

パラデントエース 40gの特徴

パラデントエースは、ヒノキチオールを主成分とする歯肉炎・歯槽膿漏薬です。
その効果は・・・
●歯グキからの出血をとめます。
●口臭をなくします。
●歯グキの発赤、はれをおさえます。
●歯グキをひきしめ、血行を増進させます。
ご家庭でのお手当てにパラデントエースのご使用をおすすめします。


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲