バルサンプロEXノンスモーク霧タイプ12~20畳用 93g×2個 その他93g ライオン 2個 [市販薬] お薬検索[薬事典] - メディカルiタウン

メディカルiタウン

バルサンで効き目最強シリーズ 3つの有効成分配合
バルサンプロEXノンスモーク霧タイプ12~20畳用 93g×2個 [市販薬]



バルサンプロEXノンスモーク霧タイプ12~20畳用 93g×2個

【医薬品分類】
第2類医薬品
【商品区分】
一般用医薬品 / 兼用
【剤形/内容量】
その他 / 93g
【メーカー】
ライオン
【希望小売価格/発売開始日】
2760円+税 / 2012/03/07
【共通商品コード】
4903301169901 (JANコード)
【セルフメディケーション税控除】
【その他】
最終更新日:2014/05/16
9ページTOPへ▲



1効能・効果 2用法・用量
3成分・分量
4使用上の注意
5保管方法 6特徴
7サイト内検索(キーワード検索)

バルサンプロEXノンスモーク霧タイプ12~20畳用 93g×2個の効能・効果

ゴキブリ、イエダニ、ノミ、トコジラミ(ナンキンムシ)、屋内塵性ダニ類の駆除
9ページTOPへ▲

バルサンプロEXノンスモーク霧タイプ12~20畳用 93g×2個の用法・用量

46.5g:6~10畳(10~17平方メートル)に1個 噴射時間:約1分半
93g:12~20畳(20~33平方メートル)に1個 噴射時間:約3分
9ページTOPへ▲

バルサンプロEXノンスモーク霧タイプ12~20畳用 93g×2個の成分・分量

<有効成分>
46.5gの場合
メトキサジアゾン・・・・・・・・・・・1g
フェノトリン・・・・・・・・・・・0.5g
d・d-T-シフェノトリン・・・0.13g

93gの場合
メトキサジアゾン・・・・・・・・・・・2g
フェノトリン・・・・・・・・・・・・・1g
d・d-T-シフェノトリン・・・0.26g

添加物として 炭酸プロピレン、エタノール、香料、DME
9ページTOPへ▲

バルサンプロEXノンスモーク霧タイプ12~20畳用 93g×2個の使用上の注意

<してはいけないこと>
(守らないと副作用・事故などが起こりやすくなります。)

(1)病人、妊婦、小児は薬剤(霧)に触れないようにしてください。
(2)人体に向けて噴射しないでください。霧を直接吸入しないでください。万一吸い込んだ場合、咳き込み、のど痛、頭痛、気分不快等を生じることがあります。
(3)退出後、必ず1時間以上経過してから入室してください。換気のために入室する際、刺激に敏感な方は薬剤を吸い込むと咳き込み、呼吸が苦しくなることがあります。必ず、タオルなどで口や鼻を押さえて薬剤を吸い込まないようにしてください。
(4)霧が出始めたら部屋の外に出て、所定時間(1時間)以上経過しないうちに入室しないでください。霧が流入する可能性があるので、密閉性の低い隣室にはいないようにしてください。
(5)使用後には充分に換気してから中に入ってください。
(6)本品の噴射時にくん煙剤を同じ部屋で同時使用しないでください。引火、爆発の恐れがあります。
(7)マッチやライターなどで火をつけないでください。
<相談すること>
(1)霧を吸って万一身体に異常を感じたときは、できるだけこの説明文書を持って直ちに本品がオキサジアゾール系殺虫剤とピレスロイド系殺虫剤の混合剤であることを医師に告げて、診療を受けてください。
(2)今までに薬や化粧品等によるアレルギー症状(発疹・発赤、かゆみ、かぶれなど)を起こしたことのある人は、使用前に医師又は薬剤師に相談してください。
9ページTOPへ▲

バルサンプロEXノンスモーク霧タイプ12~20畳用 93g×2個の保管方法

(1)飲食物、食器及び飼料などと区別し、火気や直射日光を避け、小児の手の届かない温度の低い場所に保管してください。
(2)缶が錆びるとガス漏れの原因となるので、水回りや湿気の多い場所に置かないでください。
(3)暖房器具(ファンヒーター等)の周囲は、温度が上がり破裂する危険があるので置かないでください。
(4)捨てる際には、火気のない戸外でボタンを押してガスが抜けていることを確認してください。
(5)使用後の容器は、各自治体の廃棄方法に従い捨ててください。
9ページTOPへ▲

バルサンプロEXノンスモーク霧タイプ12~20畳用 93g×2個の特徴

●ボタンを押すだけの簡単始動
●ミクロの霧でスミズミまでよく効く
●3つの有効成分配合


※薬の服用にあたっては、必ず処方する医師、薬剤師の指示、または製薬会社の説明書にしたがってください。
[処方薬](C)株式会社 法研
[市販薬]セルフメディケーション・データベースセンターから当社が許諾を得て使用している情報です。
掲載情報の著作権は、情報の提供元である各メーカー(製薬会社等)に帰属します。
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲