広範囲皮膚剥脱 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

広範囲皮膚剥脱

どんな外傷か

外傷によって皮膚だけが下層の筋肉や骨、そのほかの重要な臓器を残して剥離されるもので、皮膚の損傷は大きいのですが、下層を外傷から守るという目的を担っています。頭皮、下肢、陰茎(いんけい)皮膚、陰嚢(いんのう)などにみられます。
9ページTOPへ▲

原因は何か

頭髪が回転している機械に巻き込まれた時は頭皮が、歩行者が左折車の後輪に巻き込まれた時は下腿皮膚が、また機械の回転軸にズボンの股間が巻き込まれた時は陰茎皮膚あるいは陰嚢が果実の皮をむくようにはがれます。これらの部位は下層との結合がゆるくできているため、簡単に剥脱創(はくだつそう)になります。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

出血、深部組織の露出が生じます。頭皮剥脱の場合、骨膜をかぶった頭蓋骨が露出します。下腿では筋膜あるいは筋肉が露出します。陰茎皮膚では陰茎は深筋膜の深さで傷が露出します。陰嚢剥脱では睾丸(こうがん)と精索(せいさく)が露出します。

いずれの場合も、剥脱皮膚の一部が元の部分にくっついている場合(不完全剥脱)と、完全に剥脱して体から離れてしまう場合(完全剥脱)とがあります。剥脱部の皮膚血流の不良域は2~3日後に黒っぽくなります。これは皮膚が死滅することで壊死(えし)といいます。
9ページTOPへ▲

検査と診断

完全剥脱か不完全剥脱かを確認します。後者の場合、十分な血液循環が保たれているかどうかを皮膚の色調、傷の断端からの出血状況などで判断し、必要ならドプラー血流計(血流の有無を測定する器具)で確認します。
9ページTOPへ▲

治療の方法

(1)頭皮

不完全剥脱で残存部からの血流が十分と判断されれば、剥脱皮膚を元の位置に縫い合わせます。血液環境が不十分な場合は切断された太い動脈、静脈を顕微鏡下でつなぎ合わせます。

(2)下腿

壊死部分を除去し、遊離植皮(ゆうりしょくひ)、有茎弁(ゆうけいべん)、時には遊離皮弁(ゆうりひべん)などで再建します(図55)。

(3)陰茎、陰嚢

剥脱した皮膚が使用できる場合は、これを元の状態に縫い合わせます。使えない場合は遊離植皮を行います。
9ページTOPへ▲

応急処置はどうするか

出血に対してタオルなどできつく縛って、形成外科のある病院に搬送します。完全剥脱の場合は、剥脱した皮膚を濡れたガーゼに包み、ナイロン袋に入れ、直接水につけないように氷水で冷やして病院へ持っていきます。剥脱皮膚を再接着できる場合も少なくありません。

9ページTOPへ▲

広範囲皮膚剥脱の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


形成外科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲