手部腱損傷 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

手部腱損傷

どんな外傷か

手指の屈伸運動は、前腕の筋肉から連続する屈筋腱(くっきんけん)および伸筋腱(しんきんけん)と、虫様筋(ちょうようきん)と骨間筋(こっかんきん)という手のなかの筋肉によって成り立っています。腱は、筋肉の伸縮に伴って大きく手のなかを動き(滑走)、骨を牽引して関節を運動させています。

腱が断裂すると、指の屈伸運動が損なわれますが、断裂した腱の種類や断裂部位などにより、動きが損なわれる関節部位やその程度は異なります。
9ページTOPへ▲

原因は何か

腱の損傷は、血管や末梢神経と同様に、主に切創(せっそう)(切り傷)によって生じます。ほかに圧挫創(あつざそう)(つぶされるような傷)や、皮下断裂といって傷がなくても生じることがあります。

指を伸ばす伸筋腱の断裂による指先の関節部位の損傷は、マレット指といって、突き指によって生じることがほとんどです。また、スポーツなどで自分の筋力が強いため、力を入れた時に屈筋腱の皮下断裂が起こることもありますが、これは比較的まれです。

関節リウマチでも、腱が弱くなってしばしば皮下断裂を生じます。
9ページTOPへ▲

治療の方法

突き指によるマレット指は、手術をせずに装具などで治療することが可能ですが、多くの腱損傷では手術を行わないと機能回復は望めません。しかし、腱はそれ自体ほとんど伸び縮みしない組織で、血行に乏(とぼ)しく、手術で縫合しても周囲と癒着せずに良好な滑走を回復させることは容易ではありません。

とくに、手掌(しゅしょう)中央部からPIP関節(第2関節)までの部位の屈筋腱損傷は、縫い合わせてもよい結果が得られないので、ノーマンズ・ランド(立ち入り禁止地区)といわれてきました。

現在では、創の条件がよく、熟練した手の外科の専門医であれば、よい手術結果が得られることが多くなってきましたが、治療が難しいことには変わりありません。治療のタイミングが遅れた場合や、最初の手術の結果がよくない時などは、縫合部をはがして滑走を改善させる腱剥離術(けんはくりじゅつ)や、患者さんのほかの部位の腱を移植する腱移植術などが行われます。

9ページTOPへ▲

手部腱損傷の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


整形外科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲