眼窩底骨折 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

眼窩底骨折

どんな外傷か

前方から鈍的(どんてき)外傷を受けた場合、眼球周囲の骨折(最も薄い眼窩底が多い)を生じ、眼球の運動障害、眼球陥没(がんきゅうかんぼつ)、複視(ふくし)(物が二重に見えること)などを生じます。
9ページTOPへ▲

原因は何か

多くはスポーツ(とくに球技)、ケンカ、転倒や交通事故で起こります。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

眼球運動障害(とくに上方に眼を動かすことができない障害が多い)に伴う複視、眼球陥没、血性の鼻汁、皮下気腫(ひかきしゅ)などですが、眼球自体の障害は比較的少ないことが多い傾向にあります。
9ページTOPへ▲

検査と診断

単純X線、CT、MRIなどの画像診断を行います。また、ヘス赤緑試験などで眼球運動障害の程度を把握します。
9ページTOPへ▲

治療の方法

早期に陥入組織の整復手術を行います。手術を行わずに経過を観察する場合もあります。

9ページTOPへ▲

眼窩底骨折の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


眼科
9ページTOPへ▲

執筆者:



他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲