家族性乳がん・卵巣がん - メディカルiタウン

メディカルiタウン

家族性乳がん・卵巣がん

どんな病気か

常染色体優性(じょうせんしょくたいゆうせい)遺伝する乳がん卵巣がんです。乳がん・卵巣がんの発症年齢は平均44歳と、非遺伝性のものより若く、日本人では全乳がんの5~10%が家族性乳がんといわれています。
9ページTOPへ▲

原因は何か

主な原因遺伝子が2つ見つかっています。BRCA1とBRCA2です。
9ページTOPへ▲

検査と診断

家系から遺伝性の疑われる乳がんの患者さんに遺伝子変異の見つかる割合は、BRCA1で20%、BRCA2で20%です。未知の遺伝子変異があり研究段階です。

男性の両側乳がんの患者さんでは、BRCA2に遺伝子変異が見つかることがあります。
9ページTOPへ▲

治療と管理方針

遺伝子検査により、BRCA1変異があれば卵巣がんのリスクがありますが、BRCA2変異であれば、そのリスクはやや低いといえます。発症前遺伝子診断の適切な年齢は20歳以上です。欧米では予防的乳房切除が考慮されますが、日本では一般的ではありません。

遺伝子変異が見つかった人、あるいは家系内でリスクが高いと考えられる人については、20代から乳がん、30代から卵巣がんに対する検診を6カ月に一度受けることをおすすめします。

9ページTOPへ▲

家族性乳がん・卵巣がんの初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


外科
婦人科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲