13トリソミー - メディカルiタウン

メディカルiタウン

13トリソミー

13番染色体のトリソミーによる疾患です。出生の頻度は新生児の2万人に1人程度です。両目の間隔が開いていて鼻筋が低く、小頭症(しょうとうしょう)で眼球が小さく、耳の位置が低く、口唇(こうしん)・口蓋裂(こうがいれつ)を伴うことがあります。指が他の指に重なる手の握り方をし、多指があることもあり、足底が丸くカーブします。

脳の低形成によって、けいれんや無呼吸発作がみられ、発達も遅れます。重い心疾患が原因で救命が困難なことも多く、1歳までに死亡する子どもが多いとされています。

心疾患がない場合には、個別の症状には積極的な治療が必要ですが、全身の状態は比較的安定しています。

9ページTOPへ▲

13トリソミーの初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


小児科
9ページTOPへ▲

執筆者:



他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲