光化学スモッグ障害 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

光化学スモッグ障害

どんな病気か・原因は何か

光化学スモッグは、風速が小さく大気の状態が安定していて、正午前後に2時間以上の強い日射があり、気温が24℃以上である場合に発生しやすくなります。したがって、光化学スモッグは、夏の暑い正午前後によく発生します。

光化学スモッグの本態は、光化学オキシダント()と呼ばれるものです。光化学オキシダントは、大気中で窒素(ちっそ)酸化物と炭化水素が太陽光(主に紫外線)により光化学反応を起こすことによって生成されます。光化学オキシダントとは、酸化力の強いオゾンやアルデヒド、パンなどの総称ですが、その主成分(90%以上)はオゾンです。光化学オキシダントによって、眼や気道粘膜、皮膚などの刺激症状が引き起こされます。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

眼やのど、皮膚などを刺激し、眼の異物感、痛み、流涙(りゅうるい)、のどの痛み、咳(せき)、皮膚の発赤などが現れます。重症例では、手足のしびれ感や頭痛、めまい、発熱、嘔吐、呼吸困難などがみられることもあります。また、植物などにも被害を及ぼします。
9ページTOPへ▲

治療の方法

対症療法が中心です。洗眼やうがい、皮膚の洗浄などが必要です。重症の場合は、酸素吸入を行うこともあります。
9ページTOPへ▲

病気に気づいたらどうする

軽症例では、洗眼やうがい、皮膚の洗浄を行えば心配ありません。中等から重症の場合は、洗浄やうがいを行ったあと、内科を受診してください。

9ページTOPへ▲

光化学スモッグ障害の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


内科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲