有機溶剤中毒、シンナー中毒 - メディカルiタウン

メディカルiタウン

有機溶剤中毒、シンナー中毒

どんな中毒か

トルエン、キシレン、ベンゼン、その他の各種脂肪族炭化水素(しぼうぞくたんかすいそ)からなる、いわゆる石油製品は、有機溶剤と総称されます。有機溶剤は肺、腸管、皮膚のすべての経路から吸収され、麻酔作用がありますが、いずれも急性毒性はそれほど強くありません。

有機溶剤は揮発性のため、閉鎖空間で使用すると吸入による事故が生じます。

一方、石油製品の経口摂取での死因の多くは、中毒ではなく、誤飲時や胃洗浄時に誤嚥(ごえん)したために激烈な化学性肺炎を引き起こすことです。したがって催吐(さいと)(吐かせること)や胃洗浄は行ってはいけません。

シンナーとは、塗料や接着剤などの希釈液(きしゃくえき)の総称でトルエン、キシレンが主成分ですが、メタノールを含むものもあるので、注意を要します。摂取経路により毒性が異なり、50%致死量(摂取した人の半数が死亡する量:LD50)で比較すれば、経気道摂取は経口摂取の140倍の毒性を発揮します。
9ページTOPへ▲

症状の現れ方

急性中毒では多幸感(たこうかん)、頭痛、めまい耳鳴り、吐き気・嘔吐、不穏(ふおん)、意識障害などが現れます。死因は、過度の麻酔作用による呼吸抑制、心室細動(しんしつさいどう)、肺水腫(はいすいしゅ)などです。

有機溶剤には皮膚刺激作用があり、接触によって発赤、びらん、水疱(すいほう)形成などが生じます。シンナー遊びでは羞恥心がなくなり、幻覚(げんかく)や幻聴(げんちょう)が現れ、少々の刺激で異常行動を起こします。慢性中毒では造血機能の低下、中枢神経系の変性(脳萎縮(のういしゅく))が注目されています。
9ページTOPへ▲

治療の方法

催吐や胃洗浄は禁忌(きんき)です。吸着剤(活性炭)の投与と対症療法で対応します。
9ページTOPへ▲

応急処置はどうするか

新鮮な空気のもとに移動させます。皮膚汚染時や眼に入った時は、流水で十分に洗浄します。

9ページTOPへ▲

有機溶剤中毒、シンナー中毒の初診に適した科目

初診に適した診療科目を選択すると、iタウンページの病院検索のページへ遷移します。
(表示がない場合は、該当するデータがございません。)


内科
9ページTOPへ▲

執筆者:


他の分類から探す

子ども

女性

男性

高齢者

こころ

皮膚・アレルギー

頭・顔

上半身

下半身

全身

生活習慣病

遺伝的要因

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 法研
[免責事項・著作権等について]

9ページTOPへ▲